現代ビジネス×クオンタム流経営塾特別対談 猪瀬直樹×出井伸之(下)
「東京と大阪が頑張って、二つの柱ができれば日本は元気になる」

猪瀬直樹さん(東京都副知事)と出井伸之さん(元ソニーグループCEO/現クオンタムリープ代表取締役)

(上)編はこちらをご覧ください。

伝統が発展の力になる

猪瀬: 日本ではかつては進歩的文化人という人たちがいて、日本はダメだダメだとか言っていた。今でも顔ぶれが変わっただけで、テレビのコメンテータは日本のことをダメだダメだと言ってるだけです。それでプライドや誇りがなくなってきているところがある。橋下さんの元気みたいなものは大事なことなので、それをもうちょっと振り返ってみようかな、と思います。

 それで、竹内洋という人が京都大学の教授をやっていて今は関西大学にいるんですが、進歩的文化人というのは何だったのかというのを整理して本にしているんです。なかなか良い本です。

 彼が最近の学生に「左翼」と言ったら、「左翼って何ですか」と聞かれたらしいんですね。左翼はがからないんですね。でも、右翼は知っているらしいんですよ(嗤)。街宣車とかそういうイメージなのかな。

出井: 今は「ネット右翼」というのがいますからね。

猪瀬: ネット右翼は聞いたことがあるからわかるらしくて、原理主義的で言動が激しいとか、そういう認識なんです。じゃあ左翼って何なのかということがわからないらしい。だから、すでに左翼は日常用語ではなくなっているんですね。