[ボクシング]
村田諒太(東洋大職員)<Vol.1>「44年ぶり五輪メダルへの挑戦」

 日本のアマチュアボクシング界から届いた久々の朗報だった。2011年9月26日から10月8日まで、アゼルバイジャンのバクーで開催された世界選手権。ミドル級の村田諒太が日本人初の銀メダルを獲得したのだ。

 同選手権で日本人が決勝に進むこと自体、史上初の快挙だった。78年の石井幸喜(フライ級)、07年の川内将嗣(ライトウェルター級)が銅メダルに輝いて以来、3人目のメダリストである。

 この大会はロンドン五輪の予選も兼ねていた。ベスト8に入った選手と、ベスト16で決勝進出者に敗れた2名の合わせて10人が出場権を獲得する。村田は4年前の世界選手権、準々決勝進出まで、あと1勝と迫った試合で、のちにプロ転向するショーン・エストラーダ(米国)に敗れ、結局、北京五輪の出場切符を得られなかった。それだけに、この大会は「ベスト8以上=五輪出場決定」が目標だった。

前回覇者からの金星

 ロンドン行きをかけた戦いとあって、どの選手も世界選手権には力を入れてくる。ただでさえ、強豪ひしめくミドル級には全階級で最も多い67人がエントリー。トーナメント戦のため、まず64人に絞るための予選が実施された。予選に出るのは抽選で選ばれた6選手のみ。村田は運悪く、その6名に該当してしまったのだ。

 悪いことは重なる。他の選手より1試合多くこなさなくてはいけなくなった上に、勝ち上がった際の対戦相手はアボス・アトエフ(ウズベキスタン)と判明した。07年、09年と世界選手権で2階級制覇を果たしており、同級のランキング1位。上位進出を狙う村田にとっては最も望ましくない組み合わせだった。

「クマみたいに体も大きくて、パンチも軽く打っているだけなのに、すごく威力がありました。これはヤバイなと思いましたね」

 予選を勝利してアトエフへの挑戦権を得たものの、リング上で向き合ってみると強敵だと肌で感じた。試合前からセコンドには「危険な状況になったらタオルを投げる(試合放棄)こともある」と言われていた。もし世界選手権で敗れても、その後のアジア選手権で代表枠を確保する方法もある。今後の戦いに影響する大きなダメージを受けないように、との思いから発せられた言葉だった。

 もちろん最初から負けるつもりでリングに上がったわけではない。対戦までのわずかの時間を利用し、アトエフのボクシングを研究した。何度も試合の映像を観るうち、村田は王者のクセを発見した。
「攻撃はほぼ右フックで終わる傾向がありました。この右で相手を懐に入れないようにしている。ただ、打ち終わりは雑で、その後、連打が飛び出すわけではなかったんです」

 相手の右をしっかりガードし、打ち終わりでカウンターを入れる。接戦に持ち込み、スタミナ切れを待って最終3Rに勝負をかける。勝機を見出すには、これしかないと決心した。

 作戦は見事に当たった。アトエフの強打を防ぎ、パンチを返して1Rからポイントを稼いだ。アマチュアボクシングでは一発のハードパンチより、有効打を細かく重ねたほうがポイントになる。1Rを終えて同点、2R終了時に1ポイントリードと、狙い通りの接戦に持ち込んだ。
「相手のスタミナがキツくなったのが見ていて分かりました」

 ラストラウンド、立ち上がりの相手のラッシュをしのぐと、さすがのディフェンディングチャンピオンも余力が残っていなかった。後は村田が連打を浴びせ、一方的な展開に。レフェリーが途中で試合を止めた。「自分のボクシングが通じると分かって自信になりました」。このジャイアントキリングで波に乗り、世界の強豪相手にトーナメントを勝ち上がっていく。