[近代五種]
山中詩乃(自衛隊体育学校)<Vol.1>「奇跡の軌跡」

 誰もが予想していなかった五輪切符だった。

 昨年5月に中国・成都で開催された近代五種のアジア・オセアニア選手権。アジアで5枠の出場権を争う五輪予選を兼ねているとはいえ、競技を始めて1年半の山中詩乃にとって、五輪は夢のまた夢のように思われた。指導する才藤浩監督も「どのくらいできるか分からない。次のリオデジャネイロ五輪目指して経験を積んでくれれば」と多くは期待していなかった。

初の馬術で満点!

 近代五種は参加選手総当りによるフェンシング(エペ)、競泳(200メートル)、馬術、コンバイント(3000メートル走と射撃)を1日で実施する。種目が多いため、体力はもちろん経験も問われる競技だ。近代五種を始める前の山中は陸上の長距離選手。走ることは得意だったが、フェンシングの剣を持ったこともなければ、馬に乗ったこともなかった。

 第1種目のフェンシングを終えて参加17選手中14位。「キャリアも技術もまだまだ不足しているので、こんなものだろうと見ていました」。才藤監督はそう振り返る。

 競泳を経ても順位は下位のままで、続く種目は馬術。これが山中にとってはもっとも大きなハードルだった。なぜなら乗馬経験の浅い彼女は危険という理由で、それまでの大会では馬術を棄権していたからだ。馬術では抽選で乗る馬が決まり、20分間の試乗時間が与えられる。馬の特性をつかみ、自分の意思を伝えながらコミュニケーションをとる大事な時間だ。

 ところが――。試乗の際、馬が暴れ、山中は振り落とされてしまった。見かねた馬術担当のコーチは、こうアドバイスした。
「馬を操るテクニックにはオマエにはまだない。馬の邪魔をしないように乗れ!」

 これが奇跡への序章になった。まさに馬なりで競技に臨むと、あれよあれよと障害をクリア。なんと満点を叩き出す。「馬の質がよかった。運もありましたね」。本人もビックリの結果で順位をあげ、上位が見えてきた。