Digital Experience! TOP>現代ビジネス>市川裕康「デジタル・キュレーション」
市川裕康「デジタル・キュレーション」
2012年06月14日(木) 市川 裕康

買収・提携が続き過熱するソーシャルメディア・マーケティング・サービス業界

米バディ・メディア(BuddyMedia)のHP

 6月4日、クラウドコンピューティングに基づく顧客情報管理(CRM)サービス大手の米セールスフォース・ドット・コム(Salesforce.com)が、ソーシャルメディア・マーケティング・サービス大手の米バディ・メディア(BuddyMedia)を6億8,900万ドルで買収することに合意したというプレスリリースが、とても大きく報じられました。

 今回のニュースが重要と思われる背景として、2つの潮流を感じます。一つは企業による本格的なソーシャルメディア・マーケティングへの取り組みが始まりつつあること。もうひとつはこうしたソーシャルメディアのマネジメントという発想がいずれ個人にも求められるような時代がくるということです。

 日本でも多くの個人・法人ユーザーがいることでも知られるソーシャルメディア管理ツール、フートスイートのCEO、ライアン・ホルムズ氏がハフィントンポストに投稿した記事はこうしたトレンドをうまくまとめていましたのでご紹介したいと思います。

「ソーシャル・ビジネス・アプリケーションとは? そしてなぜその市場は拡大しているか?(What Is a Social Business App, Anyway? And Why Is the Market Booming?)」 Ryan HolmesCEO, HootSuite 2012年6月7日

 同記事はソーシャルメディア分野の管理・分析・運用ツール関連企業の最近の買収額が17億ドル以上にも上ることを指摘しながら、大企業が自社のマーケティング活動の中にソーシャルメディアの活用を本格的に据え始めつつあることを指摘しています。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking