[BCリーグ]
信濃・佐野嘉幸監督「本領発揮で初の優勝へ」

 13日現在、信濃グランセローズは10勝13敗2分で、上信越地区2位。首位を走る新潟アルビレックスBCとは3ゲーム差です。今年は自主トレーニングやキャンプでは天候に恵まれず、グラウンドでの実戦練習を満足にできないままシーズンを迎えてしまいました。その不安が的中し、開幕直後の7試合は白星を挙げることができずに苦しみました。ロースコアでのゲームが多く、全体的にピッチャーは頑張ってくれていましたが、いかんせん得点が取れなかったのです。しかし、ようやくここにきて打線がつながるようになっています。試合を重ねることで、生きたボールに反応できるようになったのでしょう。チームの勢いを今、ひしひしと感じています。

 打線がつながる要因には、やはり打つべき選手が打てるようになってきたことが挙げられます。既存の今村亮太(佐久長聖高-東京経済大)や原大輝(広島国際学院高-北海道東海大)は当然ですが、新加入の大谷尚徳(世田谷学園高-立正大-フェデックス-群馬ダイヤモンドペガサス)や大平成一(波佐見高-北海道日本ハム)、マルコスの3人が実力を発揮し始めたことが大きい。開幕直後はこの3人が全くと言っていいほど機能せず、得点が奪えませんでした。そのために、これまでには経験のないほど打順を替えていたのです。しかし、ようやく今は固まりつつあります。それも打線が好調の要因となっているのでしょう。

 私が練習の時に口を酸っぱくして言っているのは「当てるバッティングをするな」ということです。とにかく、思いっきり強く振り切ること。これを重要視させています。それが功を奏しているのでしょう。現在、チーム本塁打数はリーグトップです。特徴的なのは、ある特定の選手が量産しているのではなく、複数の選手が打っているという点です。スターティングメンバーに入っている中・長距離バッターのうち、本塁打を打っていないのは4番・原くらいでしょう。しかし、原はチャンスにめっぽう強く、頼りがいのある主砲としてチームに貢献してくれています。つまり、どこからでも得点できる打線になりつつあるのです。