[サッカー]
田崎健太「広山が望むもの<最終回>」

重要な「5人」の交代枠

 リッチモンドキッカーズの所属しているUSL(ユナイテッド・サッカー・リーグ)は、通常のサッカーとは少々仕組みが異なっている。1試合で5人まで選手が交代可能なのだ。

 強化、調整を目的とした親善試合は別として、サッカーでの一般的な公式戦の交代枠は3人である。元々、サッカーには選手交代そのものがなかった。「選手は試合の流れを読み、90分をどのように使うのかをそれぞれがコントロールすべきである。それが出来ない選手は先発として送り出すべきではない」と考える指導者もいる。しかし、同国において選手交代は試合の妙として考えられているのだ。

 USLの選手交代枠が多いのは日程も関係している。同リーグでは移動費の軽減を図るために、2日連続で試合が組まれることがある。選手に疲労が溜まる中、監督は決められたベンチ入りメンバーでうまくやりくりしながら、2試合を回すことを考えなければならない。そのため、5人もの交代枠が設けられているのだ。

 長距離移動に備えて、キッカーズは大型バスを所有している。黒塗りで無骨な印象で、大型のコンテナが一体となっており、バスというより“トラック”と言った風情だ。広山がかつてプレーしていたパラグアイでもバスで長距離移動することはあったが、そこで使用されていたバスは通常のバスだった。専用車両を所有するというアメリカのスポーツに対する環境充実への徹底ぶりを感じた。

 肝心の乗り心地はどうなのか。
「中はホテルみたいなものですよ。ベッドがあって、すごく快適に過ごせる。前の方ではサッカーの試合がテレビに流れているので、みんなでそれを見てコミュニケーションも図れる。チームのまとまりにも役に立っていますね。日本でもああいうバスがあれば経費削減になるんじゃないですか」