[格闘技]
近藤隆夫「母国ブラジルで引退を賭けて闘うヴァンダレイ・シウバ」

UFCに集まるトップファイターたち

「K-1やDREAMを最近テレビで観ませんけど、大会はなくなってしまったんですか?」

 最近、そんな風に聞かれることがよくある。今年に入ってから日本国内において、K-1もDREAMも、まだ1度も大会が開かれていない(アマチュアの『K-1甲子園』は1度だけ開催されたが……)のだから、そう思われても仕方がないのか。だが勿論、K-1、DREAMが消滅したわけではない。

 K-1をこれまで運営してきたFEG(谷川貞治代表)は選手へのファイトマネーの未払いなど多くの問題を抱えたまま先月、破産した。代わってK-1グローバル・ホールディングス・リミテッドが新たに運営にあたり、5月27日(現地時間)にスペインで新体制となって最初の大会を開いている。

 DREAMも次回大会の日程を発表できないでいるが、まだ存続している。消えてなくなったわけではない。ただ……目立たなくなっただけだ。

 日本国内では世界のトップファイターが集うビッグイベントは行われなくなった。そのため、いま、コアな格闘技ファンの目は海外に向けられている。特に注視されているのはUFC。7年前にPRIDEが消滅して以降、総合格闘技のトップファイターたちはオクタゴンに集結しているのである。

PRIDE時代は約5年間無敗。絶対王者と呼ばれていたが……。

 そのUFC(『147』)が今月23日(現地時間)、ブラジルで開かれる。メインエベントに登場するのは、日本のファンにもなじみの深いファイター、ヴァンダレイ・シウバ(ブラジル)だ。

 対戦相手は第4代UFCミドル級王者リッチ・フランクリン(米国)。3年前の2009年6月、ドイツでの『UFC99』で両雄は対戦している。この時、激しい打撃戦の末、僅差の判定でシウバは敗れた。よって、今回の一戦は彼にとってのリベンジマッチとなるわけだが、実際にはそれ以上に大きな意味を持つ闘いとなるだろう。