[アイランドリーグ]
香川・伊藤秀範コーチ「山野、大場が勝てる理由」

山野は新球がウイニングショットに

 前期シーズンも残り10試合で優勝へのマジックは7。ここまで順調に勝ち星を伸ばせている要因は接戦の強さでしょう。2点差以内のゲームの勝敗は10勝1敗4分。投手、野手とも勝負どころで、しっかり結果を残しているからこそ首位を走れているのだと感じます。

 投手陣に関してはエースの高尾健太が故障で離脱するなか、全員でよく頑張っています。リードすれば、西村拓也、アレックス・マエストリとつなく方程式が確立されていますから、どの選手も最初から思い切って投げていることが好循環につながっているのでしょう。先発では広島の育成選手、山野恭介と3年目の大場浩史が5勝ずつをあげています。2人がなぜ好成績を収めているのか。それにはきちんとした理由があります。

 まず、山野に関しては香川に来て球速が4キロ上がりました。今では140キロ台中盤のボールが投げられるようになっています。山野はもともといい回転のストレートを放っていたのですが、フォームのバランスが悪く、うまく体の力を指先に伝えきれていない点が課題でした。そこで本人と話をしながら体の使い方を修正したところ、球速がどんどん上がってきたのです。この調子でいけば、夏場にはもっと速いボールが投げられるでしょう。

 加えて速球を活かす変化球もマスターしました。新たに習得したのはフォークボールと高速スライダーです。これまではカーブと大きく曲がるスライダーが武器でしたが、ボールが速くなると、同じ軌道で落ちたり、曲がったりするボールはバッターから見て非常に厄介になります。キャッチボールからいい感触で投げていたので実戦でも勧めたところ、今ではこの2つの球種がウイニングショットになりつつあります。