メディア・マスコミ
100%独自ネタの地元ニュースであれば読者は喜んでニュースを買う!? ~バフェットから新聞発行人への手紙
バフェットは新聞の救世主となれるか〔PHOTO〕gettyimages

 有力投資会社バークシャー・ハザウェイを通してアメリカの地方紙63紙を一気に買収する著名投資家ウォーレン・バフェット。各紙の発行人・編集長にあてて「地域コミュニティーに根差した新聞の未来は明るい」との手紙を書き、複数の地方紙を追加買収する可能性も示唆した。

 この手紙を読んだ著名インターネット評論家クレイ・シャーキーはブログ記事で「バフェットが新聞というビジネスを理解していないのは明らか」と一刀両断した。

 シャーキーは「手紙の中でバフェットは『広告』や『広告主』という言葉を一度も使っていない」としたうえで、「手紙だけを読んでいると、新聞は企業からの広告料ではなく読者からの購読料で稼いできたかのような錯覚に陥る。新聞業界が苦境に陥ったのは読者離れではなく広告主離れ」と指摘する。

 続いて、「バフェットは慈善事業家であると同時に投資家であろうとしている。新聞経営では公益を追い求めることが利益につながらなくなっていると理解していない証拠だ。新聞が利益を出しつつ公共サービス機能を担えたのは過去の話。バフェットは新聞を救済したいようだが、失敗するだろう」と結論づけている。

 インターネットの本格普及を背景にアメリカの新聞界でリストラの嵐が吹き荒れている。新聞社は伝統的に販売収入よりも広告収入に依存してきたこともあり、2008年の金融危機に伴う景気悪化も大打撃になった。