[野球]
上田哲之「日本ハム・栗山監督の我慢」

 北海道日本ハムの栗山英樹監督は、さわやかなイメージが売りの評論家だった。ここで言う「さわやか」とは何か。まずは、端正なマスクと、明瞭な話し方。その外面的な特徴に加えて、いわば内面的な特徴もあった。それは、彼が現役時代、決して超一流の大選手ではなかったことにある。むしろそのことを逆手にとって、取材者として現役の一流選手たちの話を引き出していった。

 多くの評論家は、ご自身が一流選手であったがゆえに、いわば上から目線の、説教くさい論評になりやすい。その点で、彼は際立っていた。だから、高校球児とプロ選手を結び付けるプロジェクト「夢の向こうに」のコーディネーターや、ひいては「熱闘甲子園」のキャスターにも起用されたのだろう。おおよそこのような事情が「さわやか」の内実である(ちなみに、「プロ野球選手会から高校球児へのエール」という副題をもつ「夢の向こうに」は、見ていてすごく勉強になる、すばらしいプロジェクトである)。

 だけど評論と実際の監督という仕事とは、話は別だろう。そこには理想と現実の乖離が横たわっているに違いない。彼が日本ハムの監督に就任した時、多くのファンが抱いた不安ではあるまいか。ところが、フタを開けてみると、栗山監督は、意外な一面を見せ始める。「さわやか」イメージとは裏腹に、えらく頑固なのである。

 まずは開幕投手。斎藤佑樹を指名した。昨年の実績を考えても、オープン戦の出来を見ても、常識的には武田勝である。要するに、斎藤は天性のスターなのだから、エースに育ってほしい、育てるべきだ、という信念が根拠の起用である。信念だけの采配はたぶん失敗するだろう、と高をくくったら、なんと斎藤が勝ち投手になり、さらにはその後も勝ち星を重ねるのだから、采配とはわからないものだ。