[サッカー]
大野俊三「最終予選、“新生・本田”が日本を引っ張る!」

 いよいよ、ブラジルW杯アジア最終予選が始まります。日本にとっては、いきなり3連戦というヤマ場です。運命の戦いを前に、果たしてザックジャパンの体制は万全なのか。すでにシーズンを終えた海外組のコンディショニング、バックアップ戦力の底上げはどうか……。これらを確認する先日のアゼルバイジャン戦は2-0の快勝。少なくとも、準備に不足はないと感じました。

タメをつくれる存在

 海外組で目を見張ったのは、昨年8月以来、9カ月ぶりの代表復帰を果たした本田圭佑(CSKAモスクワ)でした。なぜなら、アゼルバイジャン戦では、トップ下とボランチのちょうど中間あたりでプレーしていたからです。彼はこれまで、代表ではトップ下でプレーしていました。前線でパスを受け、強引にでもドリブルで前進し、隙あらばシュートを打つ。自らがゴールに向かうアタッカーとして日本を牽引していたのです。

 しかし、この試合、本田は単なるアタッカーではなく、タメをつくる存在として機能していました。アルベルト・ザッケローニ監督が就任以来、掲げているのはタテに速いサッカーです。しかし、いくら香川真司(ドルトムント)や前田遼一(磐田)といった技術の高い選手がいても、準備が整わないうちにボールを入れるだけではうまくいきません。その点、アゼルバイジャン戦では本田がセンターサークル付近で、持ち前のフィジカルの強さを活かしてボールをキープする場面が多く見受けられました。本田がタメをつくることにより、日本が守から攻へ移行する際に、味方に準備時間を与えていたのです。

 このタメによって生まれたのが前半43分の先制点でしょう。本田は自陣にいた長谷部誠(ヴォルフスブルク)からのパスをピッチ中央で受け、後ろから相手に体を寄せられながらもワンタッチでつなぎました。これにより、長谷部が攻めあがるスペースと、ゴールを決めた香川が裏へ抜け出す時間を生み出していました。

 自分で突破するだけではなく、うまく周りの選手を生かす。アゼルバイジャン戦の本田は、うまく日本の攻撃のコーディネートしていました。もともと、彼はパサーとして頭角を現した選手ですから、ゲームをつくる能力は高いものがあります。現在の代表ではボランチの遠藤保仁(G大阪)がゲームメーカーの役割を担っていますが、本田もその一翼を担うことによって、攻撃のレパートリーは増えるはずです。

 もちろん、だからと言って、本田がつなぎの役割に徹するわけではありません。彼にはアタッカーとしてのゴールも求められています。トップ下よりポジションが下がるとゴールは遠くなりますが、その分、ボールを持った際、バイタルエリアにスペースができるケースも増えていきます。この試合ではあまり見られませんでしたが、スペースのギャップを使った強烈なミドルシュートも今後は見られることでしょう。