[ボクシング]
杉浦大介「パッキャオは衰えている?」

順当なら断然優位

ビッグファイトウィーク開始を間近に控え、米ボクシング界は徐々に盛り上がりをみせ始めている。Photo by Kotaro Ohashi

 世界ボクシング界を代表するスーパースター、マニー・パッキャオの次戦が6月9日に迫っている。保持するWBO世界ウェルター級王座、4度目の防衛戦。相手となるのは、WBO世界スーパーライト級王者ティモシー・ブラッドリー。デヴュー以来28連勝(12KO)で、いまが28歳と年齢的にも脂が乗り切った実力派黒人ファイターである。

「マニーと共通点も多い選手だよ。マシーンのようなハードワーカーで、思い切り良く連打を振るって来る。無敗を続けているだけのことはあるね」

 パッキャオと名デュオを組むフレディ・ローチトレーナーもそう語り、ブラッドリーへの警戒心を露にする。ブラッドリー、パッキャオともに中間距離の戦いを好む選手同士だけに、噛み合った打撃戦になる可能性も高いだろう。

 それでも予想をするなら、もちろんパッキャオが断然有利と目されてしかるべきである。ブラッドリーも確かなスキルに加え、ヘッドバッドという裏技を備えたやりにくい選手ではあるが、パッキャオレベルのエリートボクサーとの対戦経験はない。未知の領域に足を踏み入れた黒人ボクサーに対し、運動量と回転力で上回る6階級制覇王者が順調にポイントを重ねていく展開が最も有力だろう。

順当ならば実績、地力に勝るパッキャオ有利は間違いないが……。Photo by Kotaro Ohashi

 試合途中に地力の差を知ったブラッドリーが、2010年3月にパッキャオに挑んだジョシュア・クロッティのように専守防衛状態になってしまう流れも考えられる。ボクシングの奥行きで上回るパッキャオの大差判定勝ちの線が濃厚で、怒濤の連打でレフェリーストップに持ち込むこともあり得るかもしれない。

 スター豊富とは言えない現在の世界ボクシング界において、フィリピンの英雄にここで失速してもらうわけにはいかない。一発でKO可能なパワーを持たないブラッドリーが挑戦者に選ばれた背景には、リスクが大きいとは言えない相手をあてがい、やや停滞気味のパッキャオの勢いを取り戻させたいというトップランク社のボブ・アラム氏の思惑もあったに違いない。