中国
中国はもはや労働力大国ではない!? 改革開放開始から34年目の今、都市部はどこも「用工荒」
中国の都市部では今、改革開放路線の目覚しい成果と新たな課題が交錯する〔PHOTO〕gettyimages

 先日、わがオフィスに新入社員が入ってきて、夜に歓迎会を行った。場所は、中国最大の高級四川料理のチェーン店で、この夏に株式上場を控えている『俏江南』である。

 われわれは十数人で、店内の一番広い個室を取り、総経理(社長)が乾杯の音頭を行った。と、そこまではよかったが、その後、待てど暮らせど料理が運ばれてこない。一時間近く待たされたところで、さすがに歓迎会の幹事氏が業を煮やし、激烈な抗議に及んだ。

 ところが、その時の店側の回答が振るっていた。

「ウチも『用工荒』の影響で、コックが足りないんです。どうか勘弁してください」

 自宅近くのセブン・イレブン。朝方と夕刻には、店の外まではみ出さんばかりの長蛇の列ができる。東京のセブン・イレブンなら、2~3人の店員が同時に素早い手つきでレジを打っているが、こちらはたった一人。しかも、ちんたらモード丸出しで、レジを打った商品やつり銭は、投げてよこすこともある。少し疲れると、商品整理をするフリして、休憩モードに入ってしまう。

 ある時、「主任」を見つけたので、店のサービスについて、つい文句を言った。すると「主任」が嘆いて曰く、

「この『用工荒』の時代に、自給13元(1元≒12.5円)で働いてくれる北京の若者を見つけるだけで、ありがたいことなのです」