経済の死角

これは何の前兆なのか「異常気象」壊れ始めた日本列島

2012年06月06日(水) 週刊現代
週刊現代
upperline

 長雨と冷夏 竜巻と雹 爆弾低気圧とゲリラ豪雨1m長の巨大な肉食生物が都会に大量発生、切っても切っても死なずに増殖していく

 どこかヘンな近頃の空模様。快晴だと思った途端、暗くなり、雷が鳴り、強風とともに雨や雹が落ちてくる。もしそれが通り過ぎた後、日本が壊れるほどの「青天の霹靂」が襲って来るとしたら---。

雨上がりのエイリアン

 ある朝、自宅の玄関を出た男性は、何かひものようなものを踏みつけた。

「足元で、1mはゆうにある細長くて黄色く光った奇妙な物体がうねっていました。よくよく見ると、頭らしき部分が三角形をしていて、どうやら生き物らしい。踏みつけた拍子に、胴体は真っ二つになってしまったんですが、二つともクネクネ動いていて、正直、気味が悪かったです。妻に聞いたら、長さは違えど、自宅周辺で、このところ何回も見ているようです」

 男性が目の当たりにしたこの生物、名前をオオミスジコウガイビルという。ヒルと銘打たれているものの、種は異なり、人間の腸に寄生するサナダムシの仲間である。扇状の頭にではなく、腹の部分にある口で、好物のミミズやナメクジを捕食する肉食生物だ。

 体長が1m以上に育つこともあり、梅雨の時期になると繁殖して地に這い出てくるため、〝雨上がりのエイリアン〟と呼ぶ人もいる。

 東京医大名誉教授の牧野尚哉氏が解説する。

「普通は湿った土壌を好む目立たない外来種なんですが、ここ最近、日本の大都市でも目にするようになりました。天敵はあまりおらず、体を切られても死にません。植木鉢の底についての移動も見られますが、仮に車に轢かれたとしても、タイヤの溝についた切れ端がそのまま移動して、別の場所で再生します。生存環境が悪くなると、自分で身体を切り離し、数個体に生まれ変わったりもする。

 なぜ、急激に増え出したのかは不明です。大きな視点で考えれば、温暖化の影響がないとも言い切れないのですが」

 人体への直接的被害はないものの、この時期に、コウガイビルは都内で大量発生、地面やマンションの壁を這い、人々を驚かせている。

 最近の豪雨あるいは長雨のおかげで、湿った環境を好むこの肉食動物が幅を利かせることになった。果たして、彼らは単に大雨が降ったせいで増えただけなのか、それ以上の「何か」が起こる前兆なのか---。

 今年に入り、例年にも増して日本列島の気象は狂っている。記憶に新しいのは5月6日に茨城県つくば市などを襲い、50人以上の死傷者を出した竜巻だろう。積乱雲が巨大に発達したこの日、宮城県仙台市でも激しい雷雨と雹に見舞われ、Jリーグの試合が一時中断された。

次ページ  東京の調布市では6日に加えて…
1 2 3 4 5 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ
編集部お薦め記事