upperline

vol.6はこちらをご覧ください。

 昭和五十五年五月、日生劇場での『欲望という名の電車』で、はじめて杉村春子の舞台を見た。

杉村春子 春子(1906~97)は、代表作『女の一生』で、当たり役・布引けいを947回も演じた

 大学一年、フランス語クラスで一緒になったKさんは芝居が好きで、市村正親が贔屓というので、誘ったのだ。

 今になって数えてみると、当時、杉村春子は七十四歳だった。

 老けているなぁ、とは思ったが、舞台が温まってくるとその迫真に引きずりこまれてしまい、杉村演じるブランチの、自らを散り散りに引き裂いていくような激しさ、その緊迫に引きずりこまれた。

 スタンレーは江守徹だった。

 五〇三回にわたって北村和夫がスタンレーを演じていたのだが、江守徹に役を譲ることになった、と識ったのはかなり後でのことだ。杉村が「ねえ、ねえ、『欲望という名の電車』のスタンレー役に、江守さん、いいと思わない?」と、北村に囁いたというのだ(『杉村春子 女優として、女として』中丸美繪)。

役者に厳しい小津さえ好き勝手に演じさせた

 北村は、文学座の分裂に際して、同期である妻が脱退したにもかかわらず、杉村の相手役を務めるために文学座に残った。にもかかわらず、杉村は江守を抜擢した。「そのときの杉村さんと江守の稽古は見ていられなかった・・・。そういうときはずいぶん勝手な女だと思いましたよ。ちょっと狂っているとしか思えなかった」(同前)。

 その「狂っている」処に私は深く、動かされたのかもしれない。

 席をたった私はため息も出来ないほど困憊し、つきあってくれたKさんは、戸惑うというよりも、困惑しているようだった。女性を連れて見にいくべき芝居ではないな、と私は思った。

 中学から芝居を見だして、『わが友ヒットラー』から『熱海殺人事件』まで、『なよたけ』から『エクウス』まで見たけれど、こんな生々しさを味わった事はなかった。

次ページ  とはいえ私は、杉村春子を知ら…
1 2 3 次へ

このエントリーをはてなブックマークに追加 RSS
関連記事

最新号のご紹介

underline
アクセスランキング
1時間
24時間
トレンドウォッチ