ドイツ
NATOのアフガン撤退作戦は早くも八方塞がり。懲りない面々に口を出せない日本はまたしてもお金を出す?
アフガン撤退問題が話し合われたシカゴでのNATOサミット〔PHOTO〕gettyimages

 5月20日、21日、シカゴでNATO(北大西洋条約機構)のサミットが開かれた。直前にアメリカ大統領の別荘、キャンプ・デーヴィッドで主要国首脳会議G8サミットが開かれており、NATO加盟国の首脳たちはそこからそのままシカゴへ移動したのだが、あまり実効性のないお祭りになってしまっているG8サミットに比べて、NATOサミットのほうは真剣度がだいぶ違う。今回も国防大臣はもとより、首脳、外務大臣、EUの重要人物が勢ぞろい。重要案件の1つが、NATO軍のアフガニスタンからの撤収だった。

 アメリカとイギリスがアフガニスタンへの攻撃を開始したのは2001年10月。9月11日のアメリカ同時多発テロから1ヵ月も経たないころだった。当時、タリバンがアフガニスタンの9割方を実効支配していたが、米英軍はこれを速やかに駆逐し、12月には現・アフガニスタン大統領のハーミド・カルザイを議長とする暫定政府を成立させた。これが、現在のアフガニスタン・イスラム共和国につながっている。

 ただ、これでタリバン及びアフガニスタン問題が解決するというのは、甘い考えだった。以来10年以上、現在に至るまで、紛争は泥沼の様相を刻々と強めている。戦っているのは、ISAF(国際治安支援部隊)で、NATOを中心とした多国籍軍だ。日本は協力国として財政支援を行っている。お金は出すけど口は出さない、いつものパターンだ。そして、日本が財政支援をしていることを欧米の国民が誰も知らないというのも毎度のこと。

 それはそうと、タリバンやアル・カイーダの目には西側の操り人形にしか見えないはずのカルザイ大統領が、今まで暗殺もされずに生き長らえていることは、奇跡に近いのではないか。