Digital Experience! TOP>現代ビジネス>市川裕康「デジタル・キュレーション」
市川裕康「デジタル・キュレーション」
2012年05月31日(木) 市川 裕康

オープン、ローカル、グローバル ~英ガーディアン紙のデジタル戦略

「ガーディアン」のHPより

 海外のオンライン・ニュースメディアのトレンドに興味をお持ちの方であれば、英ガーディアン紙のことを耳にしたことがある方も多いかもしれません。

 1821年にローカルペーパーとして生まれた老舗新聞「マンチェスター・ガーディアン」紙はその後1959年に「ガーディアン」に名称変更、英国内でのプリント版の発行部数は約22万部(2012年2月ABC調べ)に過ぎません。ただ2011年6月に「デジタル・ファースト」を宣言し、オンラインでの様々なサービスを積極的に取り組む戦略が功を奏し、世界中にその名が次第に知られるようになってきているように感じます。

 先日発表された最新のデータによると、ガーディアン紙オンライン版へのトラフィック(約387万人/日)は前年比61%増で、トラフィックの数ではイギリスでもっとも古いタブロイド紙デイリー・メールのウェブ版Mailonline(565万人/日、57%増)に劣るものの、成長率において「英国で最も急成長している」として取り上げられていました。

Guardian is fastest growing national press website プレスガゼット 2012年5月4日

 最近のいくつかの顕著な取り組みは目を見張るばかりです。

 今年の3月に松岡由紀子氏の記事『イギリス発ハイパーローカルコミュニティ掲示板「nOtice」が正式オープン』 (3月29日:現代ビジネス)でも紹介された新サービス「nOtice」は、各地域のローカルの市民から寄せられるニュース、イベント情報、そしてクラシファイド情報が自由に享有されるプラットフォームを提供しています。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking