[プロ野球]
佐野慈紀「統一球はレベルアップのチャンス!」

 プロ野球では今月16日から交流戦が始まりましたね。24日現在、首位は6戦全勝の巨人。果たして、セ・リーグから初優勝のチームが出てくるのでしょうか。さて、今回は先月、日本プロ野球選手会会長の新井貴裕(阪神)からNPBに求められた“統一球問題”について述べたいと思います。「ホームランが少なくなり、野球が面白くなくなった」などという意見もあるようですが、本当にそうでしょうか。ズバリ、私見を述べさせてもらえば、私は統一球の採用は日本のプロ野球にとってプラスになると思っています。

 統一球、いわゆる“飛ばないボール”が採用された昨季、12球団のホームラン総数は前年よりも666本も減少しました。今季もロースコアでのゲーム展開が多く、“投高打低”は顕著です。プロ野球の“華”と言われているホームランが激減したことに対して、寂しい思いをしているファンもいることでしょう。しかし、プロ野球の“華”であるはずのホームランが、あまりにも簡単に打てる状況というのもどうかなと思うのです。バットに当たれば、軽くスタンドを越えていってしまうような状況で、果たして“華”と言えるのでしょうか……。

 例えば、4月20日の横浜DeNAと阪神との一戦、阪神のエース能見篤史から、中村紀洋がレフトスタンド上段に飛び込む特大の2ランホームランを放ちました。その鮮やかさと言ったら、まさに“華”でした。しかし、以前のようにホームランが多発している状況では、この中村の一発にここまで感動を覚えられたかと言うと、決してそうではないと思うのです。「あ、また打ったな」くらいにしか思えなかったでしょう。