ゴルフ
無事に勝てたのは"ラッキー"!? 勝利の女神がザック・ジョンソン微笑んだ本当のワケ

文/舩越園子(在米ゴルフジャーナリスト)

おっと、危ない!

「おっとっっと、危ない危ない・・・という勝ち方だった」(写真/舩越園子)

 クラウンプラザ招待の最終日はジェイソン・ダフナー(米国)とザック・ジョンソン(米国)の一騎打ちとなった。12番で再び2人は並んだが、ジョンソンが14番でバーディーを奪い、ダフナーが15番で池につかまってダブルボギー。ここで開いた4打差が勝敗を分けた。

 とはいえ、ジョンソンは16番で3パットのボギーを喫し、3打差へ。そのまま3打差で勝利したはずだったのに、キャディのデーモン・グリーンや愛妻や子供たちと喜びのハグを交わした後、18番グリーンに暗雲が立ち込めた。

 ジョンソンは18番のパーパットを打つ際、ダフナーのために動かした自分のマーカーを元に戻さずパットしたことが判明。2打罰が科せられ、終わってみればダフナーとの差は、たったの1打になっていた。

 ペナルティを告げられたジョンソンの表情は、一瞬、至福から驚きへ急変したが、それでも1打差で優勝は優勝だとわかると、すぐさま安堵の表情に変わった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら