雑誌
日本再生の切り札か、それとも・・・橋下徹とこの時代---我々はどう考えるべきなのか 劇薬は口に苦し周囲は必ず二分される
橋下徹の「敵と、味方」

 変革者の前には必ず敵が立ちはだかる。官僚機構、電力ムラ、大政党。国家の全身に回った毒を除くには、強烈な薬が必要だ。たとえ血反吐を吐きそうな味でも、飲み込んで初めて、再生への道が開ける。

 橋下徹という劇薬が、いま激しく化学反応を起こし、この国の業病を焼き尽くそうとしている。

「批判をしてきた相手には100倍返しする」

 そんなことを平然と言い放つ人間の周囲は、当たり前だが敵だらけ。それでも橋下氏が攻撃的な姿勢を崩すことはない。批判者に対しては、記者会見のネット中継やツイッターを駆使して、「バカ学者」「似非インテリ」などと徹底糾弾し、全日本的に晒し者にしてしまう。

 このまま橋下氏が突き進めば、この国はもうすぐ、「橋下か、非橋下か」というたった二つの選択肢で、否応なく二分されることになるだろう。

 民主党・野田政権は、いつになっても財務省・霞が関の官僚主導から抜けられず、それに反省もない。とはいえ、もともと既得権益どっぷりの自民党政権に、誰も戻りたいとは思わない。そんな二大政党に、ロクな抵抗もできない非力なその他弱小野党たち・・・・・・。

 国民は知ってしまった。もはや中央の政党・政治家たちに、この国を変える能力は皆無であることを。放っておけば、安全無視で原発は再稼働し、消費税も上がり、官僚天国は改まることもなく、国民負担だけが増大して、日本はゆっくりと死んでいく。

 つまり、我々には時間も選択肢も、もうそれほど残されてはいない。〝死ぬ〟のが嫌なら、機能不全に陥ったこの国のシステムを、根本から「ぶち壊す」しかないだろう。

 そして、それをいま、公然と政治目的に掲げている者は、橋下徹という男しかいないのだ。

 そのラディカルでエキセントリックな振る舞いが、好きか嫌いかは関係ない。橋下氏が向かおうとする方向---たとえ血を流すことになっても、日本再生へと茨の道を踏み出すか。それとも、現状を是として緩慢な滅びを受け入れるのか。我々は近い将来、必ずその厳しくも絶対的な「選択」をしなければならない。

 時代が激震し始めた気配を読み取ったのは、日本国民だけではない。

「実は、米国の駐大阪・神戸総領事館が橋下・維新の会の情報収集に動き始めています。東京の大使館では、〝ハシモト〟の正確な情報が取れない。そこで、領事クラスが自ら動き、維新の会の幹部らとの直接の接触を図っています。米国も近い将来を見据え、本気で橋下さんの動向に注目しだした」(大阪維新の会所属府議)

 米国の政府機関が、日本の一地方市長の情報収集に本腰で乗り出すなど、前代未聞の事態である。時代は「橋下徹」を中心に、確実に回り始めている。