消費増税の前に公約違反のけじめをつけろ! 当選前後で主張を180度変えた野田首相の「政治的倒錯」とは
国会で答弁する野田首相〔PHOTO〕gettyimages

 消費税引き上げをめぐる国会論議が本格化している。野田佳彦首相は「(増税実現に)政治生命を懸ける」と繰り返し強調しているが、この言葉をどう受け止めたらいいか。

 永田町やマスコミは「増税を実現できなければ退陣」という趣旨と受け止め、野党は首相に圧力をかける材料にしている。私は、ちょっと筋が違うと思う。野田はそもそも増税を言い出した時点で議員バッジを外すべきだったのではないか。

 野田は2009年総選挙の前に「増税の前にシロアリ退治をする」と約束していた。国民に対する重い公約を破った時点で、政治家にとって一番重要な「正統性」がない。公約破りについて、政治家としてけじめをつけるほうが先である。

「財源を作ることは十分可能」

 まず、野田自身の発言を確かめておこう。YouTubeで「野田、シロアリ」と検索すれば、次のような野田の演説が出てくる。すでに多くの読者が見ていると思うが、あまりに象徴的な演説だ。消費税論議がヤマ場を迎える前に、あらためて見ておく意味はある。

 まず1本目だ。野田はマイクを握って聴衆にこう語りかけている。