消費増税の前に公約違反のけじめをつけろ! 当選前後で主張を180度変えた野田首相の「政治的倒錯」とは
国会で答弁する野田首相〔PHOTO〕gettyimages

 消費税引き上げをめぐる国会論議が本格化している。野田佳彦首相は「(増税実現に)政治生命を懸ける」と繰り返し強調しているが、この言葉をどう受け止めたらいいか。

 永田町やマスコミは「増税を実現できなければ退陣」という趣旨と受け止め、野党は首相に圧力をかける材料にしている。私は、ちょっと筋が違うと思う。野田はそもそも増税を言い出した時点で議員バッジを外すべきだったのではないか。

 野田は2009年総選挙の前に「増税の前にシロアリ退治をする」と約束していた。国民に対する重い公約を破った時点で、政治家にとって一番重要な「正統性」がない。公約破りについて、政治家としてけじめをつけるほうが先である。

「財源を作ることは十分可能」

 まず、野田自身の発言を確かめておこう。YouTubeで「野田、シロアリ」と検索すれば、次のような野田の演説が出てくる。すでに多くの読者が見ていると思うが、あまりに象徴的な演説だ。消費税論議がヤマ場を迎える前に、あらためて見ておく意味はある。

 まず1本目だ。野田はマイクを握って聴衆にこう語りかけている。


「マニフェスト、イギリスで始まりました。ルールがあるんです。書いてあることは命懸けで実行する。書いてないことはやらないんです。それがルールです。

 書いてないことを平気でやる。これっておかしいと思いませんか。書いてあったことは4年間何にもやらないで、書いてないことは平気でやる。それはマニフェストを語る資格がないというふうに、ぜひみなさん、思っていただきたいと思います。

 その一丁目一番地、税金の無駄遣いは許さないということです。天下りを許さない。渡りは許さない。それを徹底していきたいと思います。

 消費税1%分は2兆5,000億円です。12兆6,000億円ということは消費税5%ということです。消費税5%分のみなさんの税金に天下り法人がぶら下がってる。シロアリがたかってるんです。それなのにシロアリ退治しないで、今度は消費税引き上げるんですか? 消費税の税収が20兆円になるなら、またシロアリがたかるかもしれません。

 鳩山さんが『4年間消費税を引き上げない』と言ったのは、そこがあるんです。シロアリを退治して、天下り法人をなくして、天下りをなくす。そこから始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしいんです。徹底して税金の無駄遣いをなくしていく。それが民主党の考え方です」

「シロアリ退治から始めなければ、消費税を引き上げる話はおかしい」と強調している。ここがポイントだ。

 次に2本目。


「私どもはマニフェスト、みなさまにお配りをしております。魂を込めて今回はマニフェスト作りました。私たちの、このマニフェストの一丁目の一番地は、税金の無駄遣いは許さない、ということであります。徹底して天下りをなくす、そして渡りは認めない。

 こうした税金の無駄遣い(の排除・筆者注)を徹底することによって、お金を生み出していき、16兆8,000億円、民主党のマニフェストを実現するには新たな予算が必要になります。私たちは、財源は見つけることができるんです。

 一般会計は80兆円ほど、特別会計を合わせると207兆円。この特別会計には無駄がいっぱいあります。私はこの特別会計改革の責任者をやってまいりました。

 一般会計は黒い皮の財布です。1万円やカードが入っている。そのほかに21の特別な財布がお尻のポケットや靴裏にいっぱい入っているんです。でも21の特別会計、21の離れでは、私たちが調べた限りでは、すき焼き食べ放題、焼肉食べ放題、ビール飲み放題、焼酎飲み放題、無駄遣いはいっぱいやってます。

 ここから16兆8,000億円の財源を作ることは十分可能であります。無駄な事業をやめて、本当に必要なところにお金を回していく。これが政権交代です。政策の優先順位を決めて、本当に必要なところにお金を流していく、予算をつけていく、これが民主党の考え方であります。

 財源はいっぱいあります。天下り法人に12兆円もお金を使ってる国です。シロアリを退治して、働きアリの政治をたまには実現しようではありませんか」

 こちらではシロアリ退治に加えて、特別会計に無駄遣いがいっぱい詰まっている、という話をしている。16兆8,000億円の財源があるというマニフェストにも触れている。

 いまの時点で読むと、野田佳彦という政治家がいかにデタラメな政治家か分かるだろう。民主党政権になっても、シロアリ退治はほとんどしなかった。形ばかりの事業仕分けをしてみたが、財務省主導だったために、根幹の部分には手が付けられなかった。にもかかわらず、3年前の演説をまったく忘れたかのように、今度は増税が日本を救うと言っている。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら