[BCリーグ]
群馬・五十嵐章人監督「勝率5割。これからがスタート!」

 4月21日に開幕して、ちょうど1カ月が経ちました。群馬ダイヤモンドペガサスは22日現在、14試合を終えて7勝7敗で首位・新潟アルビレックスBCとは1.5ゲーム差の上信越地区2位です。5月11日からは5連敗を喫していますが、チームに開幕時との変化はなく、特別に何かが悪いというわけではないのですが、少しずつ歯車がかみ合わなくなってきているのでしょう。しかし、チームの雰囲気は決して悪くありませんので、悲観的にはとらえていません。

 現在、投手陣は既存の堤雅貴(高崎商業高)と栗山賢(日本文理高-鷺宮製作所)が2勝ずつ(22日現在)と、先発の柱として頑張ってくれています。抑えに抜擢したのは独立リーグ経験者の清水信寿(豊田西高-中京大-エイデン愛工大BLITZ-三重スリーアローズ)です。清水は球に力があり、それを短いイニングで最大限に発揮してもらいたいと思ったからです。もともと抑え経験があり、自らも抑えのポジションを望んでいた清水ですから、気持ちの強いピッチャーです。現在はリーグトップの4セーブを挙げています。

 そして、今後に期待したいのが北井頌太(樹徳高-日本ウェルネススポーツ専門学校)です。まだ、勝ちゲームには投げていないのですが、今月初めにフォームを変えてから少しずつ調子を上げてきています。北井はこれまでコントロールに難があり、私が見たところ、腕の振りがスムーズでないような気がしていたのです。そこで「サイド気味の方が合っているんじゃないか?」と、少し腕の振りを下げて投げさせてみたところ、本人もしっくりきたようで、コントロールもよくなり始めました。「下げた」とはいえ、見た目からはほとんどわからないほどの差です。しかし、本人にとってはそのちょっとした差が、とても大きな変化なのです。徐々に自分のフォームにしていっているようですので、今後の活躍が楽しみです。