upperline
オンライン署名プラットフォーム「チェンジ・ドット・オーグ」のHPより

 私たちの身の回りに溢れる複雑な社会問題を解決しようとする際、行政組織や大手企業がなかなか取り上げてくれないような課題を正そうとする際、ツイッターやフェイスブック等のソーシャルメディアツールを活用することが次第に一般的になりつつあります。

 5月上旬に日本国内の若者が中心になってスタートしたネット選挙運動解禁のためのキャンペーン、「ワン・ボイス・キャンペーン(One Voice Campaign)」には、たった数週間で4,000人を超える人がフェイスブック上で賛同を表明し、連動する形で著名人を含む多くの人がブログや動画インタビューを通じて意見を発信しています。一握りの若者の活動がきっかけとなり、社会の歪みを矯正しようとするアイディアを広く世に伝えるという活動がここ日本でも次第に拡がりを見せつつあるように思います。

 海外に目を向けた際、こうした社会的活動や署名キャンペーンのプラットフォームサイトである「チェンジ・ドット・オーグ(Change.org)」というアメリカ発のオンライン・ペティション(petition=陳情請願)・サービスが、驚異的な規模とスピードで現在急拡大しているということをご存知でしょうか?

 Change.orgはスタントフォード大学卒のベン・ラトリー(Ben Rattray)氏が2007年、当時20代半ばに仲間と立上げたオンラインプラットフォームサービスです。設立当初は環境、貧困、人権、性差別問題に取り組んでいるNPO等と、そうしたテーマに興味を持つ人同士のSNSを志向していたもののうまくいかず、その後は社会課題を取り扱うブログコンテンツメディアを目指していました。それが2011年1月、オンライン署名プラットフォームサービスを全面に打ち出すようになってからというもの、急速に世界的な注目を浴びるサービスに成長したのです。

毎月15,000もの署名キャンペーンを展開

 同サービスを一躍有名にしたのが、2012年2月にフロリダ州で起きた黒人の少年トレイボン・マーティン(Trayvon Martin)さん(17歳)射殺事件に関する、彼の両親による正当な裁きを求めるChange.org上で始めた署名活動でした。

1
nextpage



underline
アクセスランキング
昨日のランキング
直近1時間のランキング
編集部お薦め記事
最新記事