[MLB]
杉浦大介「ラスベガスで勝負のときを待つ五十嵐亮太」

3Aでは格の違い見せる好投

その笑顔をメジャーの舞台で再び見れる日は近いのか。Photo By『野球小僧』編集部

 ラスベガスにも野球チームがあると聴けば、驚く人は多いのではないか。この名高いギャンブルタウンに本拠地を置くのは、トロント・ブルージェイズ傘下の3Aチーム、ラスベガス51s。ロスアンジェルス・ドジャース傘下だった時代には中村紀洋選手も101試合に出場したこのチームに、今季は五十嵐亮太が所属している。

 過去2年はメッツで通算防御率5.74と力を発揮し切れなかった五十嵐は、昨秋にはドミニカ共和国に渡り、その後、パイレーツとマイナー契約。パイレーツからは開幕直前にメジャー契約を結ばないことを通告されるも、直後にブルージェイズからトレードの声がかかった。そして開幕からラスベガスの3Aチームの一員として投げ、メジャー昇格の日を待ち続けている。

「早くメジャーで力を試したいなぁ」。5月上旬のラスベガスで、五十嵐は何度かそんな言葉を繰り返した。

51sの監督は日本でもお馴染みのマーティ・ブラウン。Photo By『野球小僧』編集部

 3Aでの五十嵐は16試合で18イニングを投げて防御率1.00、24奪三振と完璧。4月27日以降の8戦では1失点も許していない。マイナー相手では格の違いを見せつけるようにねじ伏せるケースが多いようで、本人も“もう、ここで証明できることは残ってない”と考えているようであった。

「マイナーでは変化球でストライクが投げれれば抑えられる。だから僕はここでは抑えられるんですよ。ただメジャーに行ったら、変化球の精度も問われてくる。ストライクを取るだけでなく、質の高い球を常に投げ続けなければならない。その部分がメジャーと3Aの最大の違いですね」

 そう語る五十嵐にとって、今回のマイナー滞在中、最大の収穫はカーブに磨きをかけられたことだという。昨夏から秋にかけて手応えを掴んだスライダーに加え、カーブでも三振が取れるようになった。さらに「これからフォークも進化させたい」と語るなど、向上心は衰えを知らない。

 150km以上の豪球を思い切って投げ続ければ良かった日本時代とは違い、速いだけでは簡単に弾き返されてしまうのがアメリカだ。壁に直面した五十嵐は、変化球の精度を上げることで生きる道を探ってきた。