スポーツ

特別読み物 宮本慎也と稲葉篤紀「男たちの生き方----清原でも、落合でもなく」 光はたまに当たればいい他人の意見をひとつ
も無駄にしない間違えた努力はしない

2012年05月23日(水) 週刊現代
週刊現代

 18年間、それはまるで終わりなき旅のようだった。2000本という偉業を達成して尚、二人がまとう空気は、先達らのカリスマ性とは何かが違う。やれる仕事を地道に探し生きてきた、男たちの進む道。

「プロになれるか」と笑われた

「あのドラフトの日、この二人が2000本打者になるなんて、誰もが夢にも思ってなかったはずだよ」

 ヤクルト宮本慎也(41歳)と日本ハム稲葉篤紀(39歳)---同期入団の彼らが、ヤクルトからドラフト指名を受けた'94年当時、スカウト部長を務めていた片岡宏雄氏はこう言って笑う。

 王貞治、野村克也、落合博満、清原和博・・・・・・歴代の2000安打達成者には、時代を彩った4番打者が名を連ねる。そんな「天才」と「怪物」がずらりと並ぶ中にあって、宮本と稲葉の名は、少なからず異彩を放っている。

「宮本は守備の一点買いだし、稲葉も決して『ずば抜けた打者』ではなかった」(前出・片岡氏)

 決して「特別」ではなかった二人は、いつの間にか大打者への道を歩いていた。

 その原点は、同期として過ごしたヤクルトでの新人時代にある。

 PL学園から同志社大、プリンスホテルと、名門チームで社会人まで経験して入団してきた宮本には、

「独特の雰囲気があった」

 と、当時、野村克也監督の要請でヘッドコーチに就任したばかりだった松井優典氏(現ヤクルト二軍育成コーチ)は言う。

 '95年の春季キャンプ初日。ベテランに交じっての練習に緊張があったのか、宮本をはじめ若手選手から覇気を感じられなかった松井氏は、彼らに檄を飛ばした。

 その次の日のことだ。

「ノックが終わった直後に宮本が私のところに、『今日は元気よかったでしょう』と言いにきたんです。もちろん嫌味のない言い方でね。そもそも我々コーチに、彼ほど屈託なく話しかけてくるルーキーも珍しいので、少し驚きました。

 礼儀を守りながら、言いたいことはしっかり言う。『ああ、こいつはこうして生き残ってきたんだな』と思いました」

 高校時代から、宮本にとっての野球は、まるで縄張り争いのようなものでもあった。

「どうすれば試合に出られるか」

1
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介