[自転車競技]白戸太朗「NYでの3万人の自転車イベント」

 今や世界の常識と言える「都市マラソン」。名だたる都市には必ずマラソン大会がある。ロンドン、ボストン、ニューヨーク(NY)、パリ、ベルリン……数えだしたらきりがない。それは国内でも同様で東京はもちろん、この数年で大阪、神戸、京都と増えてきた。まるで、マラソン開催が、文化的な都市としての証明であるかのようだ。まあ、ランナーとしては嬉しい限りだが。

スタート地点は人、ひと、ヒト!

 一方、同じように世界的にも愛好者が多い自転車はそうもいかないようで、都会で大きな自転車イベントが開催されている例はあまりない。知る限りではヨハネスブルグの「Momentum 94.7 Cycle Challenge」とNYの「Five Boro Bike Tour」くらいだ。しかし、どちらも3万人という参加者を集めるビッグイベントで規模の大きさが半端ではない。ランナーでも3万人となると、コントロールが大変なのは東京マラソンを見た方ならお判りだろう。それを自転車でやるわけだから想像もつかない。そのNYの「Five Boro」に今年初参加をできることになり、自転車好きとしてはもちろんだが、イベント関係に携わる者として興味津々で走ってきた。

都会を走り抜けるビッグイベント

マンハッタンの街中を走り抜ける

 コースの下見に行ってまず驚かされたのが、その道の使い方だ。マンハッタンのど真ん中をスタートし、そのままセントラルパークへ。その後はブロンクス、クイーンズ、ブルックリン、スタテンアイランドと5つのエリアを走るのだが、すべて大きな幹線道路を使っている。この手のスポーツイベントは一般交通との調整が難しいため、できる限り影響の少ない脇道を使うのが通常だが、ここまですべて幹線を通るのは珍しい。また、出場台数が多いので、その占有時間も長く、日本では考えられない使われ方なのだ。大きな道を自転車で占有し、道の真ん中を走れるのは爽快だが、イベントオーガナイザーという職業柄ちょっと心配になってしまったくらい。

橋を渡って次の地区に向かう

 なにしろ3万台を超える自転車がスタートをし終えるだけで1時間以上はゆうにかかるのである。しかし参加者も幹線道路を占有して走れることには大いに魅力を感じているようで、イベントについて聞くと、コースの素晴らしさに関するコメントが多い。また、普段は車でしか走れないような橋を自転車で渡れるのもNYっ子にとって魅力的なのだろう。ちなみに、昨年はエントリーサイトにアクセスが集中し過ぎでサーバーがダウンしたので、今年からは抽選になった。ローカルにとっては簡単に出られないほどの人気ぶりなのだ。