[アイランドリーグ]
愛媛・星野おさむ監督「元NPB・河原、橋本の合流で巻き返しへ」

 先週末(11日~13日)の香川との首位攻防戦は3連敗。香川との差は6ゲームに開き、前期の自力優勝の可能性が消滅してしまいました。3タテされた原因を一言で表現すると「野球力の差が出た」となるでしょうか。攻守に愛媛は当たり前のプレーが当たり前にできませんでした。基本を徹底できなかった点は僕も含めてチーム全体で反省しなくてはいけないと感じています。

チームを引っ張る岡下と高田

 そんななか、チームの中心選手として頑張っているのは4番の岡下大将と高田泰輔です。特に岡下は香川戦でも2試合連続で先制点をたたき出すなど、いいところで打っています。昨季の岡下は前期こそ好調だったものの、後期で失速。打率.260、3本塁打、38打点に終わりました。彼の敵は相手ではなく、自分自身にあります。まだ20歳と若いせいか、昨季は自分をコントロールしきれない部分が見受けられました。

 ただ、今季はこれまでのところ、そういった姿が見えません。持ち味である元気の良さ、積極性がいい方向に出ています。もちろん、まだシーズンは4分の1が終わった程度。コンスタントに継続できるかどうかが、もうワンランク上を目指せるかの分かれ道になるでしょう。

地元・済美高から入団し、5年目の高田

 また23歳の高田も、ようやくチームを引っ張る自覚が出てきました。昨季までは気の抜けたプレーが時折見られたのですが、今季は守備も走塁も一生懸命やっています。普段の練習でも後輩たちの面倒を見る余裕が出てきました。

 まだ打率は.246と平凡ですが、この姿勢で野球に取り組めば、自ずと結果は出てくるはずです。彼には監督就任当初からチームの軸となってほしいと期待していました。NPBのスカウトからもバッティングは評価されていますから、その他の部分でもアピールできれば、ドラフト指名が現実味を帯びてきます。