維新
「現職議員の受け入れもある」--橋下徹の妙手に浮き足立つ民主党「離党予備軍」
橋下人気で候補者がい決まらなくても維新の会が圧勝の予測の選挙区も   Photo:Getty Images

 地域政党・大阪維新の会代表の大阪市長・橋下徹が衆院選間近になってこの手をフルに使ったら、既成政党、とりわけ民主党から離党者が続出するのではないか。橋下は4月11日の定例記者会見でこう語った。

「(政党を)辞めた国会議員をどうするかは、政治判断だ。(維新が)有権者に愛想を尽かされることもあるが、ちゃんとした人物や経歴であれば、賛同を得られる場合もある」

 既成政党と一線を画す、これまでの姿勢を一転させ、人によっては受け入れるというのである。これによって、維新の弱点とされてきた法律上の政党要件(所属国会議員5人以上など)を満たす可能性が生まれるほか、候補者不足を一気に補うことができるようになるかもしれない。

地域に根を生やしていない民主党議員

 新自由クラブが1976年6月に、日本新党が92年5月に、それぞれ結党した直後の国政選挙でブームとなりながらも、当時の第1党だった自民党には遠く及ばなかった。これは、全国にくまなく候補者を擁立することができなかったのも一因だった。

 ブームになっても、その受け皿となる候補者がそろわなければ議席には結びつかない。全国で有力な候補者を立てる選挙態勢があるのは民主、自民両党だけだ。

 だから、今年2月「次期衆院選に300人擁立、獲得目標は200議席」という報道があっても、それは無理だろうと思われた。また、維新政治塾に約400人の定数枠を大幅に上回る3326人の応募があっても、民主、自民両党の選挙関係者は「公募でそんなに優れた人材は集まらない。公募には『1割の法則』というのがあって、応募者の1割しか使いものにならない」と、高をくくっていた。

 しかし、既成政党からの離党者も受け入れるとなると、局面は大きく変わる。とりわけ、五月雨的に離党者が出ている民主党では「離党予備軍」はまだまだいる。それは、小沢系議員だけではない。

「民主党という“破れ傘”で選挙を戦うよりも、新党で戦った方がはるかに戦いやすい。別に、民主党への愛着はありませんから」

 こう割り切る民主党議員は少なくない。

 民主、自民両党の体質の違いは、自民党が地域に根を生やした保守勢力に下支えされているのに対して、民主党には組合ぐらいしかないことだ。かつ、議員同士が助け合う、先輩議員が後輩の面倒を見るという政党内の人間関係が、民主党は自民党より希薄だ。だから、逆風にさらされると、脱出して新天地を探そうという動きが起きやすい。

 もちろん、自民党でも従来に比べ地域、議員同士の結びつきは弱まり、特に関西の候補者には維新が巻き起こした風に動かされる人もいる。しかし、維新の影響を受けやすいという点では、民主党の方が切実だ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら