[サッカー]
田崎健太「広山が望むもの<vol.5>」

スポルティング・ブラガ時代の広山。チームは11-12シーズンでも3位に入り、ポルトガルの強豪としての地位を固めている

 試合翌日のリッチモンドの空は雲に覆われていた。まさに今にも泣きそうな空模様の中、リッチモンドの中心、キャリーストリートで広山望と待ち合わせるていた。日曜日に営業している店は限られているのだろう、レストランが建ち並んだキャリーストリートは街全体の賑わいを詰め込んだようだった。空いている駐車場を探し当て、ぼくたちは木製のテーブルが並んだ天井の高いブラッセリー(レストラン)に入った。

“過去”よりも“現在”

「試合前、アナウンスで“インターナショナルな選手”と紹介されていたね。そういうリスペクトがあって嬉しかった」

 ぼくがそう言うと、広山は照れ笑いした。彼はかつてフランスのモンペリエHSCとポルトガルのスポルティング・ブラガなど、日本を含め5カ国を渡り歩いている。それらの実績から“インターナショナルな選手”と紹介されたのだ。

「(自分へのリスペクトは)すごくありますね。これまで色んな国でやってきたこととか、代表経験があることとか。特にモンペリエもブラガも強いですからね」

 モンペリエは、2003-2004シーズン、2部に降格したものの、1部に復帰した09―10はリーグ・アンの5位に食い込んでいた。一方、ポルトガルのブラガは10―11シーズンのヨーロッパリーグで準優勝していた。

「チームメートには、“すごいところにいたんだな”と言われます。ただ、アメリカの場合はそうした“過去”よりも、実際にどんなプレーをしているかという“現在”の方が大事だから」
「キッカーズでほかに代表歴がある選手は?」
「25番の選手ですね。ウガンダ代表に選ばれているみたいです」

 ウエイトレスが目の前をせわしく歩いていった。店内はほぼ満員だった。