[トライアスロン]
細田雄一<Vol.3>「真のプロへのトランジッション」

 トライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目をこなす競技と思われがちだが、実はもうひとつ隠れた“種目”がある。それがトランジッションだ。

 スイムからバイク、バイクからランへの移行をいかに素早くスムーズに行うか。1秒を争うレースにおいてトランジッションの巧拙は順位を左右する。バイクシューズをあらかじめペダルにくっつけておくのはもちろん、シューズの紐をゴム製にして着脱しやすくするなどトップ選手はさまざなま工夫を重ねている。

予想外の低迷

 人生をトライアスロンに例えてみても、トランジッションは重要だ。転機をうまくつかみ、新たなステージに到達するか、はたまたタイムロスをしてしまうか……。一生のうち何度かやってくるトランジッションにどう対応するかで、その後の運命は大きく変わっていく。

 細田が21歳で迎えたトライアスリートとしてのトランジッション。それが日本に帰国後、指導を受けた山根コーチの下を離れ、拠点を大阪に移す決断だった。しかし、それは結果的にはうまくいかなかった。

 2006年、新体制でスタートして間もなく細田はヒザの痛みに襲われる。これまで大きなケガもなく競技を楽しんできた若者に、故障の予防やケアに関する知識は皆無だった。オーストラリアで磨いた実力もフィジカルが万全でなければ光らない。故障で思うように練習ができなければモチベーションも上がらず、レースの成績が出ないのは当然だった。

 前年は3位だった日本選手権では33位と低迷。結果を残せない人間に世間は冷たい。調子が良い時には応援や支援を惜しまなかった人たちは潮が引くように離れていった。

「このままではマズイ……」

 翌07年、尻に火がついた細田は次から次へと大会に出場する。しかし、いくら気持ちを奮い立たせてもヒザが癒えたわけではない。充分なトレーニングを積めず、レース直前に慌てて間に合わせたところで満足な成績にはならなかった。