[トライアスロン]
細田雄一<Vol.2>「原点はオーストラリア」

「(ランの先頭で飛び出した世界選手権シリーズ)横浜大会がそうだったように細田には思い切りの良さがある。少々のことには動じないタフさ、ワイルドさ。これは従来の日本人選手にはない強みです」

 細田を指導する稲毛インターナショナルトライスロンクラブの山根英紀コーチはこう評する。山根は日本男子トライアスロン界の草分け的存在で、指導者になってからは庭田清美、福井英郎、中西真知子ら多くのトライアスリートを育てた。女子でロンドン五輪代表に内定した上田藍も彼が指導を行っている。

「2度とやらない」から始まった競技生活

 山根が明かす細田の持ち味は、どのようにしてつくられたのか。そのヒントは彼の波乱万丈とも言える半生にあった。細田の出身地は徳島県東部に位置する池田町(現・三好市)。かつて“やまびこ打線”で甲子園を沸かせた池田高校がある町だ。

 恵まれた自然の中で生まれた細田だったが、幼少期はアトピー性皮膚炎で苦しんだ。小さい頃から病気に耐えた経験は我慢強い性格をかたちづくる。母の楽(たのし)は当時を振り返って、こう語る。

「病院ではこんなひどい子はいないと言われたこともありました。小さい頃から大変な思いをしてきたので、治ったら好きなことをさせようと思っていたんです」

 家族による懸命な体質改善が身を結び、小学校の低学年になるとだいぶ細田の症状は収まっていった。元気を取り戻した少年が熱中したのはサッカーだ。父の義秋がサッカーをやっていたこともあり、休みには親子でボールを蹴った。

 そんな折、プロサッカーリーグのJリーグが開幕。野球で有名だった町にもサッカーブームが到来する。カズ(三浦知良)、ラモス瑠偉、ジーコ、アルシンド、ビスマルク……。細田もテレビ中継されるヒーローたちのプレーのとりこになった。
「Jリーガーになりたい!」

 七夕の短冊にも、そう願い事を記すほど真剣にサッカー選手を夢見ていた。好きこそものの上手なれ。キャプテン翼の主人公・大空翼よろしくMFのポジションで細田は頭角を現す。小学5年になると地域の選抜チームにも選ばれた。

 その大事な練習当日、“事件”は起こった。
「同じ日に家族旅行も兼ねて“トライアスロンの大会に出る”って勝手にエントリーされていたんです(苦笑)。車で連れて行かれて、オヤジの自転車を借りて出場しました」

 細田にとっての初トライアスロンは同じ四国の愛媛県大洲市で開催されたジュニア大会。しかし、サッカーの練習に参加できなかった上に、何も知らないままレースに引っ張り出されておもしろいはずがない。

「泳いでいたら川に流されるし、周りはみんなロードバイクでビュンビュン飛ばして走っていく。正直、キツいだけで全然楽しくなかったです」