震災前に発表した「グローバルビジョン」を2年前倒しで達成するトヨタ・・・好決算に感じる何とも言えない「違和感」とは
就任から3年経ち「章男哲学」が社内に浸透したが・・・〔PHOTO〕gettyimages

 トヨタ自動車は9日、2013年3月期の連結決算の業績見通しを発表した。グローバルでの販売台数が前期比18%増の870万台となる見通しで、過去最高だった08年3月期の891万台に迫る勢いだ。北米とアジアで大きく伸びる。これに伴い、売上高は18%増の22兆円、営業利益は2・8倍の1兆円を見込む。営業利益率は4・5%。為替レートは1ドル=80円を想定している。

 いずれも過去最高となる売上高26兆2,900億円、営業利益2兆2,700億円を記録した08年3月期の営業利益率(8・6%)との比較では見劣るが、当時は為替レートが1ドル=114円であり、34円の円安。トヨタの場合1円の円高で営業利益が約300億円減るため、単純計算で1兆円近くが為替の影響で利益が目減りしていることになる。こうした点を考慮すれば、原価改善などで相当な努力を積み重ねたのであろう。行き過ぎた円高が日本の企業をいかに苦しめているかを象徴している。

 これは筆者の個人的な予測だが、トヨタは利益の見通しは固く見積もっており、1兆円を超える可能性が高い。豊田章男氏が社長に就任以来、トヨタは業績を固く見積もり、上方修正するパターンが多いからだ。計画を達成できなかったら経営者として無能と見られるため、「御曹司」の顔に泥を塗らないように低い目標を掲げ、それをクリアするパターンという意味である。

トヨタの回復は本物なのか

 経理財務担当の小澤哲副社長は記者会見で業績が好転する大きな要因として、①品質問題にかかるコストがピークアウトした/②設備投資の40%カット/③労務費の削減の3つを掲げた。特にこれまで足を引っ張ってきた国内事業を中心とする単独決算の営業損失が4,398億円から700億円に圧縮されることも大きく影響している。

 同じく記者会見した豊田章男社長は「(品質問題や大震災やタイの大洪水など)企業として『モデルチェンジ』が求められることが相次いで起こったことを契機に、ぜい肉をそぎ落としてきた。就任から3年経ち、仕込んできた商品が今年から出る。持続的な成長ができるプラットホームづくりが始める年でもある」と説明した。

 トヨタは大震災直前に「グローバルビジョン」を発表し、今後の企業としての歩む方向性を示した。この中で2015年までに1ドル=85円、グローバル販売750万台を前提条件として、営業利益率5%(1兆円程度)、単独決算の黒字化などの目標も掲げたが、計画通りいけば、ほぼこの目標を2年前倒しで達成することになる。

 ここまでがトヨタが公表した事実のまとめである。筆者はこれまで本コラムなどでトヨタの経営が非常に厳しいことを指摘し、大企業病が進行して、トヨタ自体が「GM化」しているような話を書いてきたが、決算の見通しを見る限りではトヨタの底力はまだ侮れないものがあると感じた。

 と同時に決算の数値や車造りの改革には表れない、何とも言えないような「違和感」も感じている。だから前述したことと矛盾するかもしれないが、トヨタの回復は本物なのかとついつい考えてしまう。

 たとえば、決算を発表した東京本社の地下の大会議室にまで車を飾っている。「商品が主役」と考える豊田社長の思想を徹底して具現化しているのであろうが、お客さんが来ることがほとんどない地下の会議室にまで決算発表のデコレーションとして車を飾る必要性はあるのだろうか。合理的ではないような気がする。

 入社式でも全員の新入社員に「ナッパ服」と呼ばれる作業着を着せる。それは豊田社長が現場主義を打ち出すために執務の際には自らが背広を脱ぎ、「ナッパ服」を着ているからだ。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら