[BCリーグ]
新潟・中山大コーチ「“気づき”こそがさらなる成長へ」

 今季、新指揮官である高津臣吾プレーイングマネジャーの下にスタートした新潟アルビレックスBCは、9日現在、5勝3敗と首位・群馬ダイヤモンドペガサスと1ゲーム差の上信越地区2位となっています。開幕では昨季王者の石川ミリオンスターズに連敗を喫しましたが、既存選手や打線の奮闘もあり、序盤としてはまずまずと言ったところでしょう。

 とはいえ、投手陣はまだまだ底上げが必要です。NPBへ行った正田樹(東京ヤクルト)、雨宮敬、渡辺貴洋(ともに巨人)の3人に加え、高津監督もプレーイングマネジャーとはいえ、プレーヤーよりも指揮官に大きな比重を置いていますから、実質的には4人の穴をどう埋めるかが、今季の最大の課題となっています。そんな中、現在の主戦は寺田哲也(作新学院高-作新学院大)と阿部拳人(中越高-新潟証券)の先発2本柱と、高津監督の後釜として抑えにまわった間曽晃平(横浜商業高-神奈川大)の3人です。

 現在、リーグトップの3勝を挙げている寺田は、もともとコントロールのいいピッチャーです。しかし、昨季はオープン戦までは好調だったのですが、シーズン序盤に股関節を痛めてしまいました。全力で走ることもままならない状態でのピッチングは、やはりフォームが崩れ、持ち味であるはずのコントロールを安定させることができなかったのです。結局、最後までケガによる不調から脱することができず、6勝6敗、防御率3.87という成績に終わりました。

 寺田にとっても不本意なシーズンとなってしまったことでしょう。彼は同じ轍を踏まないようにと、シーズン後、「自分はどういうピッチングをし、どう打者と対戦すべきなのか」ということを、じっくりと考えたようです。そして、出た結論は「低めにボールを集めて、ゴロを打たせて取ることが自分にとって最も大事なこと」というものでした。そして、そういうピッチングを目指したトレーニングをオフの間にしっかりとやってきたのです。今季の寺田は、細かくコースを狙うというよりも、ボールの高さに徹底したこだわりを見せ、とにかく低め、低め、いわゆる“ゴロゾーン”に投げています。

 そして、寺田の成長はもう一つあります。それは入団後に覚えたシュートとチェンジアップの精度が上がったことです。そのため、これまでの右打者にはスライダーで内から外へ、左打者には真っ直ぐで外角攻めというパターン以外に、右打者にはシュートで、左打者にはチェンジアップで内角を突く攻めができるようになり、ピッチングの幅が広がったのです。そして、シュートやチェンジアップを使うことによって、スライダーや真っ直ぐがよりいきるようになりました。こうした成長が、現在の好投につながっているのです。