磯田道史 第2回 「自由競争にからきし弱い日本人には、目標となる坂の上の白い雲が必要だ」

撮影:立木義浩

第1回はこちらをご覧ください。

シマジ 『武士の家計簿』を読むと、お侍さんはみんな貧乏だったことがわかりますね。本当だったんですか。

磯田 そうなんです。いま官僚は7.8%給料が削減されると騒いでいますが、江戸時代はもっと悲惨でした。半地下利上げという制度では50%俸禄がカットされたんです。それが日常化していて元には戻らなかった。

 武士は草履取りを必ず雇わなければならない。その人件費は高くなる。しかも親戚付き合いで年に200回くらい宴を持たなければならない。そのとき下々の者にもご祝儀を包まなければならない。身分が上の武士はそれなりに実入りはあるが出るほうも大きい。シマジさんも社長をやったとき、冠婚葬祭でお金がたくさん出て行ったでしょう。

立木 シマジはそんなに使っていません。全部自分のためだけに浪費してきました。シングルモルト、葉巻、お洒落な衣服、それに女です。

シマジ でも、いまおれが出版界で重宝がられるのは、酒、シガー、お洒落ですね。政治とか経済問題で原稿を書いてくれという注文は皆無です。

立木 当たり前だよ。シマジに政治のことを訊くマスコミはいないよ。

磯田 でも、シマジさんはしっかりした歴史観を持っていますよ。

シマジ タッチャン、聞いた。磯田教授はおれをわかってくれている。

立木 磯田教授、どうせシマジは、そのうちメッキが剥げるから、あまり深く追求しないでくださいね。