[野球]
上田哲之「2つのスライダー勝負を見つめながら」

~統一球と日本野球~

 日本プロ野球選手会は、日本野球機構(NPB)に対して、統一球の見直しを申し入れたそうだ(4月24日)。へーえ。導入されて1シーズンと1カ月ちょっと。志の低い話だなあ。これに対して、広島の鈴木清明球団本部長は「選手会から面白味がないという話が出たが、それは12球団でも話している。持ち帰る」とコメントしたそうだ。ま、こちらは、さもありなん、だな。なにしろ、巨人の渡辺恒雄球団会長が、昨秋、「プロ野球の経営者としては、統一球ってのはどうだ? コマーシャルベースで考えれば、空中戦の方が面白い。(略)フェンス間際でみんなホームランにならないでアウト。これで観客数が減ってんだよ」と発言しておられますからね(2011年9月26日)。この方に同調なさるのは、この国の球団経営者の常、なのでしょう。21世紀も、もう10年以上過ぎたというのに……。

 それはさておき、今、日本のプロ野球は、そんなに面白味がないだろうか。そんなことはない。面白いシーンはいくらでもある。今回は、広島カープの試合からいくつか。4月29日、東京ヤクルト-広島戦。広島先発は話題の新人・野村祐輔。絶妙のコントロールを誇る野村は6回までヤクルト打線をノーヒットノーランに封じこめ、3-0とカープがリード。迎えた7回表である。先頭、田中浩康を四球で出し、上田剛史を三振、ミレッジは止めたバットに当たった当たりが、ライト前ヒット。これでノーヒットノーランがなくなり、一転、1死一、三塁のピンチである。迎えるのは4番・バレンティン。言わずと知れた昨年のホームラン王である。つまり、統一球でも平気でホームランをかっ飛ばせる打者である。この対決を再現しよう。

①内角高め チェンジアップかスライダーのすっぽ抜け ストライク(これは投げた野村もバレンティンもびっくり)
②外角高め ストレート ボール
③外角低め スライダー 空振り
④外角低め スライダー ボール
これでカウント2-2。決めにいったスライダーがわずかに外れた。
⑤低め チェンジアップ ボール カウント3-2
フルカウントにして、さて、どう勝負するか。
⑥外角 スライダー ファウル
さて、もう一度勝負。その一球とは?
⑦外角低め スライダー
バレンティンこれを打ってピッチャーゴロ。ダブルプレーでチェンジ!

 ここには、野村という投手の面白さが凝縮されている。③④⑥⑦でわかるように、最後の決め球は徹頭徹尾アウトローのスライダーである。そのコントロールが見事。これを見るためにチケット代を払うのは、惜しくないでしょう。あるいはテレビ観戦に貴重な人生の時間を消費しても、損したと感じる野球ファンは少ないはずだ。つまり、「コマーシャルベースで考え」ても、ということですが……。ついでに、この新人投手の魅力を、この打席に至るまでの過程でも紹介しておこう。まず、先頭の田中を四球で出すシーンだが、面白かったのは3-2のフルカウントになった後である。5球投げたのだが、それを記しておこう(3-2後の5球である)。

①外角 スライダー(やや高い)ファウル
②外角低め スライダー ファウル
③内角高め シュート ファウル
④外角高め ストレート ファウル
⑤外角低め スライダー ボール!

 最後のスライダーは、多分ストライクである。たまたま審判の手が上がらなかっただけ。統一球で、しかもストライクゾーンが広がったため、退屈な貧打戦が増えた、という不満を言いつのる方がいらっしゃる。であれば、このボールは必ず主審の手が上がるはずである。ただ、この1球に関しては、なぜか、手を挙げさせない何かがあったのだ。それにしても、自分の生命線は右打者のアウトローのスライダー、これが野村のボールです、と名刺を貼ってあるような1球だった。その新人らしからぬ名刺が、主審には、しゃらくさかったのかな。で、続く上田の三振シーン。これは、カウント1-2からである。上田は左打者だ。左打者に対してどう攻めるのかと思ったら、外角低めボールゾーンから最後にグイッと曲がってストライクゾーンに入るスライダー。見逃し三振。メジャーで、バックドア というやつですね。グレッグ・マダックスか、おまえは。

 実は翌4月30日の広島-東京ヤクルト戦でも、同じように、スライダーを巡る対戦が繰り広げられた。今度は、カープの投手は前田健太。0-2とヤクルトにリードを許した6回表である。1死満塁と攻めたてられて、打席には畠山和洋。これ以上の失点は許されないシーンである。前田といえば、スライダーである。これは統一球導入以前、15勝挙げた時から変わらない。この試合、ヤクルト打線は、徹底してそのスライダーをターゲットにしてきた。外角のスライダーをライト前へ落としてヒットを連ねる作戦である。確かに、これが究極のマエケン攻略法かもしれない。

 さて、畠山の打席。チェンジアップ(ボール)、スライダー(空振り)、チェンジアップ(ボール)、ストレート(ストライク)ときて、カウント2-2。ここからである。マエケン、激しくサインに首を振ってから、
⑤外角低め スライダー ファウル
⑥外角低め スライダー ファウル
⑦外角低め ストレート ファウル
再び、サインに首を振って、
⑧外角低め スライダー ファウル
⑨外角低め スライダー
畠山、ちょこんと当てて、一塁後方、ポテンヒット。2点タイムリー。0-4となって、ほぼ勝敗は決したのでした。

 このシーン、畠山もほとんど、アウトローのスライダーしか待っていなかったはずである。前田もそれは百も承知だった。インローにチェンジアップでも投げれば三振するんじゃないかなあ、と観戦する側は思わないでもない。しかし、打つ方も投げる方も、現実に繰り広げたのは、お互いがムキになった外角スライダー1本勝負。ちなみに、今季、いくらストライクゾーンが広がったとはいえ、打った最後の一球は明らかに外角に外れていた。しかし、この9球をみていれば、そんなことはどうでもよくなる。結果はどうあれ、実に面白かった。ほーっと、腹の底から溜め息がもれるくらいに。