[ボクシング]
杉浦大介「メイウェザー、再び圧勝か?」

メイウェザーvs.コット直前予想

2012年上半期ボクシング界のハイライト

現役最強の男・メイウェザーは昨年9月以来の一戦に臨む。

 アメリカ・ネバダ州ラスベガスは、2012年最大規模となるであろうビッグファイトの到来に沸いている。5月5日にMGMグランドガーデンで行なわれるWBA世界スーパーウェルター級タイトル戦で、5階級制覇王者フロイド・メイウェザーとプエルトリコの英雄ミゲール・コットが激突。近年の世界ボクシング界に君臨してきたリーディングボクサー2人の対戦は、今年度上半期のハイライトだと言ってよい。

 現役ボクサーの中で最も興行価値が高いのは、言うまでもなくメイウェザーとマニー・パッキャオ。そして人気面ではその2強に次ぐ存在と目されるコットが、メイウェザーと対戦するのであれば、興行的な成功はもう確実である。

 もっとも肝心の勝敗予想は、やはりメイウェザーの圧倒的有利に傾いている。パワー、バランスの良さ、確かなスキルを兼ね備えたコットは、複数階級に渡って力を発揮してきた紛れもない名ボクサーではある。

 ただ、そのコットにとっても、スピードで大きく上回り、ショルダーブロックなどのディフェンス技術に長けたメイウェザーにダメージを与えていくことは容易ではあるまい。試合開始当初はコットもジャブを上手く使うだろうが、その緊張感のある序盤をやり過ごしたメイウェザーが、中盤あたりから徐々にクリーンヒットの数を増やしていくのではないか。

「コットが(2008年に)アントニオ・マルガリートに敗れたのは、マルガリートがグローブに細工をしていたのだったら仕方ない。ただ、それにしてもあの試合のコットはパンチをもらい過ぎだったんじゃないか? 特に僕は他の選手たちより真っ直ぐパンチを放つから、ターゲットをより素早くヒットできるんだぜ」

 コットのディフェンスの穴を指摘した自信に満ちた言葉通り、メイウェザーは距離を上手く保ちながら、いきなり放つ右を有効に使っていくだろう。相手の手数が減った後半に、機を見てコンビネーションを打ち込んでいくスピードスターの姿を想像するのは難しくない。