[アイランドリーグ]
徳島・島田直也監督「ノーヒッター安里の次なる課題」

大記録に気づかなかった?

 シーズン最初の1カ月を終えて、5勝6敗1分の3位。開幕から投打がかみ合わず、攻守ともにミスがあって負けが先行しましたが、GW前半の4連戦は3勝1敗と盛り返してきました。チームに勢いをつけてくれたのは、これまでも取り上げてきた山口直紘、安里基生のルーキー右腕コンビです。特に安里は4月29日の高知戦でリーグ史上3人目、球団史上初のノーヒットノーランを達成しました。

 実はこの試合、僕は途中まで安里が大記録に挑戦していることに気が付きませんでした。というのも前半はなかなかチャンスに点が獲れない状態が続き、攻撃のことばかり考えていたからです。5回のインターバルでラジオ中継のインタビューで「安里はパーフェクトピッチングですが」と指摘を受けて、ようやく知った次第です(その後、8回2死から四球を出し、完全試合は逃す)。

 安里に関しては入団時からコントロールがよく、球威もあるため、山口とともに先発ローテーションとして期待していました。体重97キロとポッチャリ体型にしては牽制がうまく、変化球も多彩と器用な一面があります。ところがオープン戦ではなかなか結果を残せませんでした。

 しかも、先頭打者を四球で歩かせ、自滅するパターンの繰り返し。同じ失敗を繰り返す人間は、いくら素質があってもプロでは成功しません。性格的にもマイペースタイプだったので、まず本人に話をし、プロ選手としての意識の部分から少し厳しく指導しました。メンタルの次は体力です。開幕から1カ月は試合よりも投げ込みを優先し、しっかりと投げる力を養いました。こうして満を持しての初先発が29日の試合だったというわけです。

 この試合ではオープン戦で見せたような自滅もなく、先頭打者をきっちりと打ち取っていました。投げ込みの成果でフォームが安定し、直球、変化球ともに同じ腕の振りで投げられていたのも、相手がとまどった要因でしょう。