サッカー
本気でロンドン五輪のメダルを狙うのならば、鍵を握るのは「オーバーエイジ」だ。

 この時期になると、私は8年前の2004年を思い出します。アテネ五輪代表監督として、本番を目前に控えていたからです。

 グループステージの対戦相手は、イタリア、パラグアイ、ガーナでした。いずれ劣らぬ強豪揃いですが、五輪は16か国参加の大会です。ワールドカップに当てはめれば、いきなり決勝トーナメントから始まることになります。アウトサイダーがいるはずはありません。厳しい戦いが待ち受けるのは想定していましたから、組み合わせに一喜一憂することはありませんでした。パラグアイが銀メダル、イタリアが銅メダルを獲得するわけですから、振り返ればタフなグループだったとは思いますが。

 ロンドン五輪の日本は、スペイン、モロッコ、ホンジュラスと同グループとなりました。印象としては悪くないですね。スペインはともかく、モロッコとホンジュラスとの争いで、2位をつかむ可能性は十分にあります。

「スペシャリスト」と「ユーティリティ」

 この時期の監督は、選手の絞り込みで頭がいっぱいです。関塚隆監督も、様々な角度から検討を重ねているに違いありません。

 五輪の登録メンバーは、ワールドカップより5人少ない18人です。2チーム分に満たない人数です。そのなかで、グループリーグだけでも3試合、メダルを狙うなら6試合を戦わなければならない。

 さらに加えて、日程は非常にタイトです。我々も8月12日、15日、18日と、1週間で3試合を戦いました。第1戦から第2戦の間には、移動もありました。心身ともにタフでなければ乗り切れない舞台です。

 皆さんが気になるのは、選手の選考基準でしょう。私自身は「スペシャリスト」と「ユーティリティ」のバランスを重視しました。

 スペシャリストとは、言うまでもなく際立った特徴を持つ選手のことです。高い。速い。ドリブルがうまい。試合の流れを変えることのできる特徴を持った選手は、可能な限り揃えたいところです。

 グループリーグで対戦する3か国だけでも、特徴はそれぞれに異なります。スペインが嫌がることと、モロッコが嫌がることは違うわけで、相手の強みと弱みを分析したうえで、必要なタレントをピックアップしていくことになります。

 ユーティリティな選手は、人数の少なさをカバーするためにも欠かせません。スタメンのなかにそうした選手がいれば、選手交代をしなくてもシステムを変えることができる。ユーティリティな選手がいることで、18人が19人にも20人にもなる。複数のポジションができる選手は、それだけ価値が高いのです。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら