グーグルで最も出世した日本人が吠えた!国籍、人種は無関係。真に戦えるグローバル人材の必要条件はこれだ!
田村 耕太郎
村上氏と「グローバル人材」について語った

 元グーグル日本法人社長で、橋下市長に関西電力の社外取締役に推されている村上憲郎氏と、「グローバル人材」というタイトルで“英語”で対談した。“世界で最も働きたい会社”と言われるグーグルで、日本人として最も出世した村上氏の話から非常に学べた。彼こそが現代で最もグローバル企業で成功した日本人の代表格だと思う。

 村上さんの正確な経歴は、以下の通りだ。日立電子、DECを経て、Nortel Telecom Japan代表取締役。2001年、ドーセントの日本法人を立ち上げる。2003年4月1日より、Google副社長兼Google日本法人代表取締役に就任。2008年12月9日に退任し、2009年1月1日より同社名誉会長。現在は同社の経営からは退き、村上憲郎事務所代表をつとめる。

 まずグローバルな人材市場で起こっていることを、村上さんは以下のように指摘した。

1・年齢、性別、人種、国籍等は一切問われない。これらの差別は禁止されている。日本のようなあからさまな年齢差別はないし、履歴書でも問うてはいけない。何歳か?とか何人か?ではなく、あなたは何ができるか?だけが問われる。

2・フェアな目的設定とフェアな評価。これがあって初めて採用する側もフェアに人材を登用できる。「よろしく頑張ってくれ」とか「徐々に慣れていってくれ」では世界でいい人材は寄ってこない。「いつまでに何をどうすべきか」そして「それをどう評価するか」これを公正な形で明示しておく必要がある。

3・グローバルな人材採用は日本国外だけで起こっているのではない。国内だけでも起こっている。

4・グローバル競争とは日本人は世界のあらゆる人材と競争せねばならないということ

 まったくその通りである。あなたが何人で何歳であって、どんな政治信条や信仰を持とうが、採用側が設定した明白でフェアな目標に応えられる能力と実績があれば、採用される可能性がある。

 しかし、採用されるためのバックグラウンドは厳しく問われる。それが以下の点だ。

世界はあきれるほどの学歴主義

1・学歴!世界は間違いなく学歴主義だ。学歴と言っても東大とか早稲田と言う話ではない。そういう名前はよほど日本通でないと知らないだろう。グルーバルな人材市場で学歴というのは世界的に通用するブランド大学のことである。ハーバード、エール、MIT,オックスフォード、スタンフォード、ケンブリッジ、カルテック、デュークぐらいであろう。

2・大学の成績。日本と違って世界は卒業証書をだけを見るのではない。大学時代の成績はとても重要である。GPAと言われる平均点で3・5以上ないと相手にされない。目を引こうと思ったら、マグナ・カム・ラウデとかサマ・カウ・ラウデといった最優等表彰を受けておくが必要だろう。


3・最低でも修士。しかも上記のブランド大学のプロフェッショナルスクール(ビジネススクール、ロースクール、エンジニアリングスクール、建築・デザインスクール等)でないと採用側に響かない

4・リーダーシップの証明。これはかなり具体的。企業でチームを率いて実績を出したこととか、起業した経験のことである。最近アメリカで人気なのは実戦経験ある軍人出身者。アフガニスタンやイラクで部下や仲間とともに作戦を実行し、銃弾をかいくぐってきた経験は高く評価される。

グローバル企業では年齢や性別や国籍による差別はないが、学歴による差別は明らかに存在する。それは「年齢や性別や国籍はどうしようもないものだが、学歴は個人の努力や工夫のたまものである」との考えがある。一時の日本企業の学歴否定主義などは世界では冷ややかに見られていた。しかも学歴は入学だけでは成立しない。卒業まで頑張っていい成績を取っておかないと世界で評価される学歴にはならないのだ!

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら