[サッカー]
大野俊三「五輪代表はスペイン相手でもスタイルを貫け!」

 24日にロンドン五輪男女サッカーのグループリーグの組み合わせが決まりました。男子のU-23日本代表はスペイン(欧州1位)、ホンジュラス(北中米カリブ海2位)、モロッコ(アフリカ2位)と同組になりました。各大陸の王者級の国々が揃った非常に難しいグループである一方で、それだけやりがいがあるとも言えます。日本が決勝トーナメントに進出するためのカギは、やはりスペインとの初戦です。

短期決戦で大切な2つのポイント

 五輪本大会は短期決戦になります。7カ月で6試合を戦った五輪最終予選とは異なり、本大会では決勝まで進んだ場合、17日間で6試合を戦わなければなりません。このような短いスパンで試合が続くケースでは、初戦でいかに勢いに乗るかが大事になってきます。こう書くと、「いきなり優勝候補のスペインと当たって、日本にとっては残念な組み合わせになった」と思う人もいるでしょう。しかし、私はむしろ、初戦の対戦で良かったと考えています。

 というのも、初戦は、どのチームにも「勝ちたいけど、負けたくもない」という気持ちが働くからです。ゆえに手の内を探り合い、単調に終わってしまう試合が多く見られます。いくら欧州王者のスペインといえども、初戦のキックオフ直後からフルスロットルで臨んでくる可能性は低いでしょう。もちろん、それは日本も同じ状態ですが、最初から全力で試合に入れる2戦目以降よりは、番狂わせも起こりうるタイミングではないでしょうか。

 スペインはしっかりと組織を構築して守り、細かいパスワークとタテに速い攻撃を得意としています。つまり、日本と同じようなスタイルです。日本との差は、彼らは個人で局面を打開できる能力も備えているということ。残念ながら、この部分は普段の練習や試合環境の差でもあります。本番までに、その差を埋めることは難しいでしょう。日本としては、まずは素早く守りの組織を構築し、相手のボールに対して連続してアプローチをかけること。そして空いたスペースをしっかりカバーすること。この2点を徹底して、スペインの攻撃に耐えることが重要になります。

 ただ、単に守りを固めた引き分け狙いのサッカーでは絶対にダメです。五輪世代の選手たちは、ロンドンで終わりではありません。攻撃面のパスワークなどで、自分たちの実力がどこまで通用するのか試してほしいと感じます。スペイン戦は五輪世代の「現在地」を知る絶好の機会。そこで守りに入ってしまっては、今後の課題も見えてきません。強豪だからといってスタイルを変えるのではなく、いつもどおりの日本のサッカーでぶつかってほしいですね。

 短期決戦では勢いに乗ることに加え、切り替えの早さも大事です。グループリーグから決勝トーナメントの準決勝まで、選手たちはすべて中2日で試合を行なうことになります。試合が終わった後、すぐに切り替えて次の準備にとりかからないと、戦術の修正もコンディションの回復も中途半端に終わってしまいます。負けた場合でも、ショックを引きずるのではなく、「なぜ勝てなかったのか」をすぐに分析して、次に生かす。逆に勝った場合も、勝ったからよしではなく、「なぜ勝てたのか、その中でも悪かった部分はどんなところか」を確認する。いずれにしても、いかに早くチーム全体で次の試合に集中するかが大切となります。

 関塚隆監督は組み合わせ発表を受けて、「日本サッカーの飛躍を目指して戦いたい」とコメントを出しています。選手たちも日本サッカー界を背負う気持ちを忘れず、ロンドンではばたいてほしいですね。