田原聡一朗がウッドフォード元社長、「スクープ記者」山口義正氏に聞くオリンパス事件の深層 第2回「なぜオリンパスの役員たちは元会長のいいなりになったのか」

寿司とツナサンド

田原: ウッドフォードさん、『FACTA』の記事の内容が伝えられて、相当ひどいことをしていることがわかったとき、社長であるあなたはどうしたんですか?

ウッドフォード: お互いに忙しくてお昼にしか時間がなかったので、会議室に入ってランチミーティングすることになったんですが、そのときに、菊川さんと森久志前副社長の前には寿司があったけれど、私の前にはツナサンドが出されていました。

田原: ウッドフォードさんは寿司がお嫌いなんですか?

ウッドフォード: いや、私も寿司は大好きですし、彼らもそれを知っているんですよ(笑)。やっぱり私を押さえ込むために差をつけたのでしょう。

田原: 押さえ込みたいんだったら寿司をご馳走して懐柔すればよかったのに、なんでそんな大人げないことをしたんですかね?

ウッドフォード: 振り返ってみれば何度もそういうことがありました。つまり無意味に敵対的で幼稚とも言えるような振る舞いがあったんです。

田原: この事件が発覚する前からそうだったということですか?

ウッドフォード: 先ほど山口さんが「菊川さんは面倒見がいい」と言っておられましたが、面倒をみるのは彼の言いなりになるような部下たちだけですね。そうじゃない人たちはどんどんオリンパスから出て行っています。

 菊川さんは逮捕されてから、「ときには過去に隠していたことを明らかにしようと思ったこともあったが、金額があまりにも大きすぎて言えなかった」と言っていますね。それで彼に同情する人もいるようですが、私は同情できないと思います。なぜなら、彼らは事情が発覚してから私や私の家族をつぶそうとしたからです。

田原: 具体的に聞きたいんですが、まずツナサンドと寿司で差をつけられて威圧された、と。それで、ウッドフォードさんはこのスキャンダルについて菊川さんに何を聞いたんですか?

ウッドフォード: 私はまず私が社長であり責任者であることを強調しました。「この会社の決算報告書に私がサインしなければならない。それなのになぜあなたたちは私にこの話をしなかったんですか?」と聞いたんですが、菊川さんは「あなたはこの会社の社長で忙しいからです」と。

田原: 忙しくて気の毒だから報告しなかったということですか(笑)。いくらなんでも、ウッドフォードさんはそんな大事な話を聞くヒマがないほど忙しかったわけではないですよね。

ウッドフォード: 明らかに彼は不愉快な思いをしていて、表情や動作を見ていると、次第にイライラしてきているのがわかりました。そこで私は彼に「新聞やテレビのような主要なメディアはこの件を採り上げていないんですか?」と聞いたところ「まだ採り上げていない」という返事でした。「では株主さんから何か言ってきましたか?」と聞いたら「誰も何も言ってこない」と。それでもう一つ質問したんですが、「ここに書かれていることは本当ですか?」と聞いたら「部分的にはその通りだ」ということでした。

田原: その時点で菊川さんは『FACTA』の記事を読んでいたんですか、読んでいなかったんですか?

ウッドフォード: すでによく読んでいましたよ(笑)。

田原: 読んでいて、「部分的にはその通りだ、でも全体的には違う」と言ったということですか?

ウッドフォード: 「国内企業3社を買収したことは事実であり、イギリスのジャイラス社の買収に伴って顧問料を払ったのは事実である」と認めました。

田原: 顧問料の支払先は、投資助言会社のグローバル・カンパニー社ですか?

ウッドフォード: グローバルカンパニー社は国内3社を買収する仕組みを作った会社で、『FACTA』の記事は本当に参考になったんですが、誌面に乗った仕組みのフロー図などでわかりやすく説明されていました。

田原: それであなたは菊川さんに、なぜアルティス社やヒューマラボ社みたいな2億円程度の会社を数百億円で買収したのかは聞かなかったんですか?

ウッドフォード: まず菊川前会長が出てきて、そのあと森前副社長が出てきました。森前副社長にまずジャイラス社の件について聞いたんですが、その買収に伴って払った顧問料について追及したんですが、これは優先株の買取が云々と筋の通らないことを言っていました。

田原: その前に山口さんに確認しますが、ジャイラス社は2700億円で買収したんですよね?

山口: そうですね。最初に出したのが2100億円で、1年後にさらに数百億円追加して2700億円になるという勘定になります。

田原: ジャイラス社を2700億円という巨費を投じて買収したわけですよね。これについては菊川さんは何と答えたんですか?

ウッドフォード: ジャイラス社は少なくともまだ実体のある医療機器メーカーで、私たちとしては買収額が大きすぎると思って当時反対していたんですが、何とも怪しく思っていました。

田原: ああ、それじゃあ、ジャイラス社の買収についてはちゃんと発表しているんですね。

山口: ええ、ジャイラス社買収については発表していますね。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら