ドイツ
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(原題:The Iron Lady)---この映画の言わんとすることを誰か私に教えてほしい!
左:マーガレット・サッチャー / 右:メリル・ストリープ〔PHOTO〕gettyimages

 この映画の価値は、100パーセント、主演女優メリル・ストリープの演技力に負っている。これはもう、感動としか言いようがない。サッチャー首相に生き写しであるところは、「そっくりさん」演技を、芸術的高みにまで持ち上げている。いや、それよりも、年老いた女性の仕草や表情の演技の完璧さは、もっと凄い。怖いほどだ。もちろん、メリル・ストリープを86歳まで老けさせるメイク技術にも感服。オスカーの主演女優賞は、当然だ。

 ところがストーリーは、何が言いたいのか、まったくわからない。映画としては、これは完ぺきな失敗作だ。観客は、映画を作った人の意図に反応し、感動で心を揺さぶられたくて映画館に行くのに、この映画には反応すべきものも、感動を得るきっかけも見当たらない。繰り返すようだが、感動の源はストリープの演技力だけだ。

 場面のほとんどが、老いて、認知症にかかっている元首相サッチャーの日常。そこに、過去のシーンが断片として挟み込まれる。そして、死んだ夫の幻が現れ、始終サッチャーと会話する。現在のサッチャー氏は、夫がこの世にいないことさえもわからなくなっているというから、夢と現のあいだを彷徨っている痴呆老人の虚ろな心情を描きたいのかもしれないが、それがうまく過去の栄光との対比となっていない。だから、観客の心に響く哀切にも繋がらない。

 だいたい、亡霊の夫はうるさすぎる。ここまではっきりと登場して、サッチャー氏と朝食を共にしたり、一緒にベッドに腰かけて本を読んでいたりするのを見ると、いくら何でもこれはないでしょう、という気分になる。一度だけ回想場面に、「これ以上家族を犠牲にするのは止めてくれ」と抗議する夫が出てくる。

 しかし、あとはすべてそんなことは夢だったように、ピエロに徹した夫の姿ばかり。実は、彼は富裕な実業家で、それなりの世界があったはずだ。しかし、この映画を見ていると、そんな現実は一切かすんでいて、夫はいつも妻の傍らにぴったりと寄り添って、冗談を言っていたように見える。なのに今、サッチャー氏は過去に引きずられ、苦しんでいる模様。なぜ? いったい夫はサッチャーを助けたのか、それとも足を引っ張ったのか?

母親・サッチャーは何に苦しんだのか

 また、現在のシーンでたびたび登場する優しい娘の存在は、さらに不可解。やはり回想場面で、若き頃のサッチャー氏が子供たちを振り切って仕事に出かける場面が出てくる。走る車にまで追いすがって泣き叫ぶ子供たち、それを振り切ってエンジンをふかす母親というのもちょっと嘘くさいが、その後の経過はなく、問題も提示されず、葛藤も描かれず、突然出てくるのが、老いた母親に優しく接する愛情深い普通の中年女性。

 この映画の製作者が、今になって家族を犠牲にしたのではないかという深い罪悪感に苛まれるサッチャー氏の心情を描きたいのは、場面の端々から伝わってくるが、ここまで経過を省略してしまっては、はっきり言って何も伝わらない。

 そもそも、仕事に行くために子供を振り切らなければいけない母親は世の中にたくさんいるが、たいていの母親はそれをどのようにかして埋め合わせするのであって、彼女たちが皆、晩年それに深く悩まされるとは思えない。しかし今、もし、サッチャー氏が本当に罪悪感に苛まれているとするなら、「それは自分が仕事に没頭したことが原因だったのではないか」と思い当たる子供の重大な脱線、あるいは、母子関係の悪化など、何らかの深刻な出来事があったわけだ。

 ところが、この映画では、そういうことは一切描かれない。だいたい、この娘がいったい何者なのかがわからない。また、寂しい子供時代(があったとして)をどのように克服して、どういう青春を送り、どういう人生を歩み、どういう心境の変化を伝って、この愛情深い姿に到達したのかもわからない。

 だから、母親が何に苦しんでいるのかもわからない。いや、その反対で、この映画を見ている限り、こんなに優しく世話を焼いてくれる娘がいるのなら、サッチャー氏の子育ては大成功だったではないかと思えてくる。

 一国の首相である女性が、母や妻という役割を十分に果たせなかったとしても、誰もそれが悲劇だとは思わない。それに、政治の道は彼女自身の選択であったはずだ。観客は、暖かい家庭愛のお話を求めて、この映画に足を運ぶわけではないし、ましてや、老いとの向かい合い方を勉強しに来るわけでもない。

 ちなみに息子の消息は、アフリカにいるということだけで、ほとんど触れられもしないが、こちらは美化さえできない事情があるらしい。要するに、明確に伝わってくるのは、まだ生きている登場人物に対する製作者の遠慮。それにもかかわらず、変にノンフィクションを気取っているのがよくない。どこをとっても中途半端で胡散臭い。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら