雑誌
週現スペシャル知らないのは患者だけ
怖くて書けない「病院の裏側」

 命を預ける場所だから、全幅の信頼を寄せていたい。でも、医者から言われることすべてを信用していていいのだろうか?そう思うあなたに、知りたくないけど知っておきたい本当の話、教えます。

病院に高級絵画がある理由

「さっさと手術を受ければ、ここまで悪化させなくても済んだのに」---そんな嘆きが、日々「病院の裏側」で生産されている。例えばこんなケースだ。

 東京ハートセンター・センター長の南淵明宏医師のもとに、心臓弁膜症の患者がやってきた。心臓は肥大し、不整脈が頻発している状態で、「胸が苦しくて夜も寝付けない」と訴える。これまで病院にかかっていなかったのかと尋ねると、その患者はこう答えた。

「5年前からかかっているけれど、『横になったら苦しい』と訴えても、医者は聴診器を当てて、薬を出すだけ。手術など話にも出ません。違う病院で診てもらいたいと相談すると激高されました」

 この患者は、どうにもならなくなるまで我慢したあげく、ようやく南淵医師のもとにやってきたのだった。

「心臓弁膜症で不整脈の出始めなら、手術をすれば完全に治ります。ところが5年間も放置していたから、手術をしても不整脈は治らない。利尿薬の使いすぎで腎臓の機能も悪化していた。そのままでは命の危険もありました。このように、知らないうちに病院で悪化させられ、手遅れになるケースは、今も数多くあるんです」(南淵医師)

 こんな病院は、なかなか他の医師への紹介状を書いてくれない。自分の診断に自信がない、どの医者に紹介すればいいかわからない、患者を減らしたくない---理由はさまざまだ。

 そこで彼らは適当に薬を出し、「これで様子を見ましょう」と患者に言う。「患者を抱え込む引きこもり型の医者は、開業医にも大病院にもいる」(同前)というのが実情なのだ。

 大病院では、医師たちが集まって治療方針を話し合うカンファレンス(症例検討会)を行う。治療に万全を期すためのシステムではあるのだが、こんな裏事情もあるという。

「カンファレンスは、みんなで検討することでリスクを分散し、一人の医師が責任を負わないで済むようにするための逃げのシステムでもあります」(南淵医師)

 また、治療方針の検討といっても、内実は患者の病状より病院内の力関係で決まるという声もある。都内の総合病院に勤務する呼吸器内科医が語る。

「内科の教授の権力が強ければ、『切らずに治療しましょう』となり、外科の教授が強ければ『切りましょう』となる。鶴の一声です。だからカンファレンスで本当に最適な治療法が選ばれているかというと、実は曖昧な部分があるんです」