スポーツ

森繁和(前中日ヘッドコーチ)が明かす「負けない〝オレ流軍団〟の作り方」 問題投手だった吉見&浅尾、ドミニカ開拓秘話…
落合を支えた参謀が初めて語った!

2012年05月04日(金) フライデー
friday

「おい、オレだよ」

 横浜の投手コーチだった'03年の終盤戦、見知らぬ番号から電話が入った。

「え?誰?」

 声の主は落合博満氏(58)。知らない仲ではないが、特に親しくもない。

「おい、横浜おつかれな。もう終わりだろ? どうするんだよ、これから」

「いや、これから探すところですよ」

「じゃあ、おい、手伝えよ」

---これが、8年間すべてAクラス、4度優勝&日本一1回という「球団史上最強のドラゴンズ」('04~'11年)を作り上げた落合博満監督&森繁和ヘッドコーチ(57)コンビの出発点である。

 '78年、森氏はドラフト1位で西武に入団。'89年に34歳で引退すると二軍投手コーチに就任。その後、渡辺久信と工藤公康を擁する黄金期の西武、日本ハム、横浜、そして中日で一軍投手コーチ('10~'11年はヘッドコーチも兼任)を務めた名伯楽だ。スポーツ紙記者が補足する。

「落合さんが著作『采配』で紹介していた通り、コワモテで、言葉使いは少々乱暴ですが、情に厚く熱い男です。'76年、駒大時代にロッテにドラフト1位指名された際、『(大学の)監督に迷惑はかけられん』と一人で断りに行ったエピソードは有名。『ブルペンから〝シュッシューッシュッ!〟という音が聞こえて見に行ったら、森コーチがシャドウボクシングをしていた』『鼻血を流しながら練習していた若手がいた』など、西武一軍投手コーチ時代の〝愛のムチ〟伝説も広く知られています。かつては携帯電話の着信音が映画『仁義なき戦い』のテーマだったそうで、巨人と激突した'07年のクライマックスシリーズ第2ステージ初戦、試合前ミーティングの最中にチャララ~♪と鳴って選手が爆笑。リラックスしたナインは巨人を3タテし、その勢いで日本一に輝いたという美談も(笑)」

 そんな豪腕が今季から評論家に転身。ドラゴンズの8年間で体得した「負けない組織作り」の秘密を明かした。タイトルはズバリ、『参謀』(講談社刊)。冒頭は同書に書かれたエピソードの一つだ。

 ちなみに契約の際、落合監督が出した条件は「手だけは上げないでくれ」だったという(笑)。そんな指揮官が「またユニフォームを着るなら必ず森繁和を呼ぶ」と賞賛する名参謀の〝オレ流軍団〟の作り方を紹介しよう。

2・1紅白戦と最初で最後の投手起用

 '03年秋、落合竜誕生直後に行われた秋季キャンプで発表され、物議をかもしたのが「春季キャンプ初日、2月1日の紅白戦開催」。その狙いは誰にも語られなかったが、森氏は驚かなかったという。

1
nextpage


Special Feature
最新号のご紹介

スポーツプレミア アクセスランキング

  • 昨日
  • 直近1時間