Digital Experience! TOP>現代ビジネス>ITトレンド・セレクト
ITトレンド・セレクト
2012年04月27日(金) 小林 雅一

日本企業復活の鍵を握るHTML5:アップル、グーグル、フェイスブックなど米IT列強と戦うための武器として

 1990年に、ほぼ単独でワールド・ワイド・ウエブ(以下、ウエブ)を発明した英国人ティム・バーナーズ・リー氏は、1999年、自著「Weaving the Web(ウエブを紡ぐ)」のセールス・プロモーションのため、米サンフランシスコ市内のとある書店で講演・サイン会を催した。

 当時の彼はインターネット業界内でこそ著名人だったが、ごく一般の読者にまで知られた存在とは言えなかった。このため、その本のカバーには、わざわざ「発明者自身が語るウエブの起源と運命」という断り書きが印刷されていた。

 会場に集まった聴衆を前に、ひとしきり話し終えたバーナーズ・リー氏は、講演の締めくくりに次のような言葉を口にした。

「私の発明したウエブが(1993年頃から)商用化されるに伴い、黎明期のウエブ開発に携わった多くの人達がビリオネア(億万長者)になりました。ですが、その中でただ一人、金持ちになれなかった人がいます」

 彼はそこで少し間を置いた。ざわついた会場が一瞬静まり返る中、やがて自嘲気味に言葉を継いだ。

「それは私です」

 その場に居合わせた筆者の知人によれば、バーナーズ・リー氏は半ば冗談めかした口調ながら、やはり一抹の悔しさを隠し切れなかったという。それも無理はない。ウエブは本来、純粋に学術的なデータベース・システムとして考案された。それは元々、欧州原子核研究機構(CERN)の物理学者たちが、自分らの研究成果を皆でシェアするためのシステムを欲しがり、これに応えて(当時、CERNでシステム・コンサルタントとして働いていた)バーナーズ・リー氏が開発したものだった。

 やがてウエブは大学や研究所などを中心に世界に広がっていったが、90年代初頭に「ネットスケープ・ナビゲーター」と呼ばれるビジュアル指向のブラウザが登場したのを境に商用化が加速。ここから、いわゆるドット・コム・ブーム(バブル)が巻き起こり、ベンチャー企業のIPO(株式公開)に成功したインターネット長者が続出した。

 その中にあって、バーナーズ・リー氏はワールド・ワイド・ウエブ・コンソーシアム(W3C)と呼ばれるウエブ技術の国際標準化団体を創設し、ウエブのさらなる普及と技術開発に心を砕いたが、前述のネット・バブルからは距離を置いた。いや、彼が意図的に距離を置いたのか、それともブームに乗り遅れたのかは誰にもわからない。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking