[MLB]
佐野慈紀「ダルビッシュ、本領発揮の裏にある“模索”」

 今、最も日本の野球ファンが注目しているのが、今シーズン、海を渡った日本の大エース、ダルビッシュ有(レンジャーズ)でしょう。報道を見ている限りでは、米国でも非常に注目されているようですね。25日現在、4試合に登板し、3勝0敗。内容的にもどんどんよくなってきています。4試合目のヤンキース戦(25日)では、9回途中まで無失点とほぼ完璧な内容で、ようやく彼本来のピッチングを見ることができたという感じでしたね。レンジャーズ自体、打線が好調ですから、今後ますますの活躍が期待されます。

 さて、ここまでのダルビッシュのピッチングを振り返ってみましょう。4試合中、はじめの3試合は、日本とは異なるマウンドの硬さ、ストライクゾーン、キャッチャー、審判……これらと照らし合わせながら、自分のとるべきスタイルを模索する、その連続だったと思います。まずは9日(現地時間)、イチロー、川崎宗則との日本人対決が話題となったマリナーズとのデビュー戦ですが、この試合はさすがのダルビッシュもメジャー初登板ということで緊張と高揚感があったのでしょう、ピッチングに力みが出ていましたね。初回にいきなり4失点するなど、5回2/3を投げて8安打5失点。味方打線の援護で勝利投手にはなりましたが、もちろん本人は悔しさの方が大きかったことでしょう。

 この試合は初回の先頭打者にストレートの四球、さらに1死満塁で迎えた川崎をもストレートの四球で出し、押し出しで4点目を献上するなど、四球数の多さが目立ちました。北海道日本ハム時代には見たこともない荒れように、驚いた方も少なくなかったと思います。この要因の一つに挙げられるのは、やはり日本とは異なるマウンドの硬さです。特にダルビッシュの場合は、他の投手以上にステップの幅が広く、踏み出しの足が前に出ます。その状態から、体幹の強さで体を回転させて投げるのですが、この時大事なのは体重移動です。しかし、マウンドが硬いことで、その体重移動がスムーズにいかず、うまく左足に体重を乗せることができなかったのです。そのために、普段は左足をしっかりと地面に踏み込んだ後に体の回転をさせて投げ下ろすところを、左足が地面につくと同時に体が前につっこんでしまい、アンバランスなフォームになっていました。

 また、日本とは違うメジャーのストライクゾーンがまだ把握できていないことも大きかったと思います。よくメジャーは日本と比べると、内角に厳しく、外角のストライクゾーンが広いと言われます。確かに内角には厳しいのですが、外角に対しては意外と日本とそれほど変わらないのです。さらに言えば、審判によってもストライクゾーンは異なります。この試合では左打者に対しての外角のボールをなかなかストライクにとってもらえませんでした。そこで試合の中でどこに投げればストライクに取ってもらえるのかを模索しながら投げていたと思います。しかし、そのためには微妙な指先の感覚による修正が必要です。よく滑るメジャーのボールに慣れていないダルビッシュには、それが非常に難しかったのだと思います。