[BCリーグ]
石川・森慎二監督「開幕2連戦で見えた自信と課題」

 21日、いよいよ前節が開幕しました。石川ミリオンスターズは、ビジターで新潟アルビレックスBCと対戦し、7-2で快勝。翌日も新潟に9-3で連勝し、幸先よいスタートを切ることができました。投打ともに、各選手が自分たちの力を発揮した結果ではないかと思います。

 新潟との開幕2連戦を連勝できた要因は、やはり打線でしょう。調子のいいバッターが何人かいたことで、2試合ともに2ケタ安打をマークし、効率よく得点を重ねることができました。しかし、まだ調子が上がってきていない選手もいます。2試合で無安打の4番・敬洋(九産大九州高-日本ウェルネススポーツ専門学校-TDK千曲川)、そしてヒット1本ずつに終わったマデラと新人の富永裕也(星稜高-大阪体育大)です。特に俊足の富永が人工芝でヒット1本に終わったというのはさみしいですね。人工芝は打球の球足が速く、バウンドが高い。ですから富永の足なら叩きつければ、内野安打になる可能性が高いのですが、フライを上げてしまう場面も少なくありませんでした。俊足の彼が出塁数を増やすことができていれば、打線はさらに活気づいたことでしょう。

 また、結果は出ているものの、内容としてはまだまだの選手もいます。今シーズン、2番に起用している謝敷正吾(大阪桐蔭高-明治大)です。オープン戦からヒットは出ているものの、納得のいくヒットの数は多くはありません。例えば、新潟との開幕2連戦では9打数4安打という成績を残しました。しかし4安打のうち、しっかりと打てたのは2試合目、8回表に先頭打者として放った二塁打のみ。この1本は自分の間合いで、きちんと下半身を含めた体全体でスイングしてボールをとらえていました。結果的には三塁を狙ってタッチアウトとなり、記録は二塁打となったわけですが、逆風にもかかわらず右中間を軽々と破るいい当たりでした。その他の3本はたまたまヒットとなったようなラッキーなもの。もう少し下半身の粘りが出てくれば、もっと鋭い打球が多く出てくると思います。