電通、JFE、全農・・・日本有数の巨大組織を飲み込むLED照明の「闇」
寿命が40倍で消費電力が2分の1のLED照明〔PHOTO〕gettyimages

 寿命が40倍で消費電力が2分の1---。

 このセールストークで、急速に市場規模を大きくしているのがLED照明である。

 約1兆円の一般照明市場で、LED照明は前年比2倍近い伸びを見せ、2000億円を超える勢い。大震災の「3・11」以降は、省エネ意識の高まりもあって、月間売上高はLED照明が従来の白熱電球を上回るようになった。

 そのLED照明の世界を「闇」が覆っている。

 今年2月、鉄鋼大手・JFEホールディングスの子会社、JFEエンジニアリングがLED照明分野からの撤退を表明した。翌月末には、世界有数の広告代理店・電通の子会社、電通ワークスが、LED事業を専門メーカーに売却の上で撤退した。巨大組織・全農の紙パック部門である全農ハイパックは、本格進出した最初の商談でとん挫、代金支払いを求め法廷で争っている。

日本を代表する大組織がLED照明からなぜ撤退するのか?

 JFEに電通に全農・・・。

 日本を代表する大組織である。子会社での進出とはいえ、LED照明の販売には、「本体」の信用が付加されていた。もちろん、3社ともに「本体」の総合力で、LED照明のシェアを奪うもくろみだった。

 JFEエンジニアリングの関係者が、率直にいう。

「全国の製鉄所、事業所、販売代理店、協力会社などの蛍光灯を、LED照明に切り替えるだけでも相当な需要が期待できた。光源とチップとチューブを用意すればいいから、それほど複雑な技術ではない。基本的な販売網はあるし、需要の伸びは、誰もが想像できる。2年前の本格進出の時は、絶好の新規事業と思えた」