[サッカー]
酒井宏樹(柏レイソル)<後編>「ロンドンは譲れない」

 酒井宏樹という選手が一気に全国区になったのは、昨年6月に行われたロンドン五輪アジア2次予選だろう。U-22クウェート代表とのホーム&アウェー方式による最終予選進出を賭けた2連戦。酒井にとっても初めて日の丸をつけて臨む公式戦だった。そして、その2試合ともに、酒井は“ゴール”に絡んだ。

痛恨の失点と値千金のゴール

 まず、ホームでの第1戦(6月19日)。「負ければ終わりでしたから、試合前はすごく緊張しましたね」と振り返るが、豊田スタジアムのピッチには、日本の右サイドを精力的に駆け上がる背番号4の姿があった。積極的な攻撃参加から繰り出す高速クロスは、相手を何度も脅かした。しかし、思わぬ落とし穴があった。

 日本が3対0とリードして迎えた後半23分、酒井は痛恨のミスを犯す。自陣右サイドでボールを持ったところで、相手のプレッシャーを受けボールを失った。その流れからクロスを上げられ、最後はゴール前のルーズボールを押し込まれた。もし2戦を終えて勝敗が並びかつ得失点差も同じ場合、アウェーゴールを多く奪っているチームが勝ち抜ける。試合はそのまま3-1で日本が勝利したものの、与えてはいけないアウェーゴールだった。

「試合を通してのプレーは良かったんですけどね。ボールもよく触っていました。ただ、失点に絡んでしまったので、2戦目は“やるしかない”と思いました」

 トータルでいいプレーをしても、一度のミスで責任を問われる、それがDFの宿命だ。ピッチでの失敗はピッチ上でしか取り戻せない。アウェーでの第2戦(6月23日)。前半21分、ピッチ中央付近からの浮き球に抜け出す。飛び出してきたGKと交錯する直前に、ループシュートでゴールに流し込んだ。汚名返上の先制弾だった。

 この後、日本はクウェートに2点を奪われて逆転負けを喫し、得失点差で何とか最終予選進出を決めた。酒井のゴールがなければトータルスコアは3-3となり、アウェーゴールの勝負で日本は2次予選で姿を消していた。翌日の紙面には、酒井のゴールを賞賛する文字が躍った。しかし、本人は冷静にこう振り返る。

 「2戦目は1戦目と比べて、逆に良かったのはあの1点だけでした。他の80分ぐらいは、ずっと守っていましたし、シンプルなプレーしかしていなかった。1戦目のミスを取り返すというより、次(最終予選)に進みたい気持ちが強かったです」