大反響! 高校生にかけがえのない夏を
海外大学のサマースクールへ挑戦し、グローバル体験を成功させるにはどんな準備が必要か?

 前回大きな反響を呼んだ、ハーバード大学のサマースクール紹介。今回はハーバード大学以外の有意義なサマースクールについて、ハーバード大学のサマースクールにお嬢さんを送り込んだ加藤さん(仮称)に聞いてみた。お子さんにひと夏のグローバル体験を持たせる機会についてぜひ参考にしてほしい。

――前回お聞きしたハーバードSSP以外に、海外大学で行われる中高生対象サマースクールにはどんなものがありますか?

加藤 スタンフォードにもハーバードに似たものがあります。それはHigh School Students, ages 16-17プログラムというもの。これはTOEFL iBTに加えてPSATまたはSATのスコア証明書も提出せねばならず、ハーバードSSP同様、それなりに競争率の高いものです。

 そういった、いわば学部入試に準じた出願手順を経るものもあれば、選考基準を厳密に定めず気軽に参加できるものや、ESLコース(英語が母国語でない生徒向けの英語クラス)を設けているものもあります。

 あるいは、オックスフォードのUniversity Preparation: 16-18sのように、世界の大学入学試験であるIELTSやSATの攻略法を学ぶものもあります。大学名を冠したプログラムの中には、大学が主催するものと、施設は大学のを使用するけれども運営する母体は別業者というものがあるので、ご留意ください。

――帰国子女でない日本人中高生にとって大きなハードルとなるのがTOEFL。これを、受験しないで参加できるプログラムには、どのようなものがありますか?

加藤 アメリカやヨーロッパの様々な大学を舞台に行われるサマーディスカバリーは、とてもお薦めです。高校生のみならず、日本の中学3年生にあたる9年生からアプライできるコースがいくつかあります。

 内容も多岐にわたり、例えば、ペンシルバニア大学で調理学の実習付きコースや、イタリアのフローレンス大学でファッションデザインのコースなどは、大人でも参加したくなるくらい楽しそうで魅力的です。